FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

南紀勝浦温泉の夫婦交換で燃える妻。其の三

南紀3-1
絹代さんは盛んに、
「小森さん、はやくぅ、そのぶっといチンポを頂戴、焦らさないでがまんできないの」
と、ご主人には聞こえない程度の小さな可愛い甘えた声で、
ペニスの挿入を盛んに催促してくる。

隣のベッドでは佐山さんのご主人は治代の身体の上に乗っている。
ご主人の陰嚢が延びて垂れ、ペニスをオマンコに直接挿入している場所は鑑賞できないが、
静かに腰を時々左右に振っては、小刻みに上下に動かしている。
治代のオマンコは完全にペニスで貫通されて組み伏せられているのだ。
治代は、「パパ凄い~、佐山さんの硬くて太くて、気持ちイイ、イクよ~」
と歓喜の絶叫のヨガリ声を張り上げだす。

ご主人と妻の方が、オマンコの進行状況が進んでいる。私もそろそろ絹代さんのオマンコに、
ペニスを嵌め込んで置かないと二組のバランスを取れず不公平になる。

私は仰向けに寝ている絹代さんの白く細い両足首を持ち上げ、
フックラした青い静脈が浮き出た太股を拡げた。

自然と股間も拡がる。黒々とした陰毛に囲まれたオマンコが丸見えの状態にして、
私は膝を着いて頭を前屈みにして、左手の人差し指と中指で、
大陰唇と濃い陰毛を掻き分けて進入位置を作り、穴の開いた膣に亀頭を固定した。

膣は狭くて、亀頭が思うように滑り込まない。亀頭を無理矢理押し付け、
腰を落とし込んでいくと、亀頭の一番太い部分が貫通する。
膣の中は拡がっていて障害物はなく、スムーズに奥深い子宮に突き当たった。
膣の入り口が時々呼吸をするようにヒクヒク締め付けて来る。

亀頭を膣壁のザラザラした部分に擦れるように腰を調節しながら機能を味わう。
一旦挿入に成功すると、気持ちにも余裕が出来、
隣の佐山さんと治代のオマンコの状況を鑑賞することが出来た。

初め二人は正常位であったが、今はご主人が仰向けに寝て、
治代が身体の上に乗った騎乗位に変わっている。陰嚢は、ペニスの根元に垂れて、
何も遮るものがなく、もろに直接オマンコがペニスを飲み込んでいる。
目を凝らしてマジマジと鑑賞すると、オマンコは是以上広がらない程一杯拡げられ、
太いペニスの裏側の尿道が膨れ上がって、治代が出した白濁乳色の液体は、
ご主人の陰毛に滴り落ちて居る。

佐山さんのご主人のペニスの威力が強烈なため、
治代は失神寸前の壮絶な状況に追い込まれていた。

治代を徹底的に責め上げて呉れている佐山さんに対し、
正常位だけの体位では如何にも手抜きに見えるので、
それでは絹代さんに対して大変失礼になる。


**
私は絹代さんの右耳に唇を近づけて、
「体位はこのままでいいの?絹代さんの好きな体位でしましょうか」
と声を掛けると、絹代さんは顔を左右に振って、
ペニスをギュツギュツと強く二回締めて合図をしてきた。

「小森さんが好きなように、どんなことでも、どうぞご遠慮なく」
佐山さんのご主人と私は、その後、お互いに意識しながら射精を遅らせていたが、
私は佐山さんよりも遅くペニスをオマンコに嵌め込んでいる関係から、
先にギブアップする訳にはいかずご主人と治代のオマンコの様子を窺っていた。

南紀勝浦温泉での夫婦交換初日の夜は、凄まじくも激しく続けられていく、
男は少しでも自分の優位さを見せつけようと頑張るし、妻達は日頃夫では得られない、
官能の喜びを貪り尽くすように身体をうねらせ、膣を締め付け、声を上げ、涎を垂らして、
ペニスに武者振り付く。

夫々の男達にも限度が有る。治代の声が絶唱に近く成って来た。
佐山さんが追い込みに入られたらしい。抜き差しする音が早くなった。
「いいですか、いいですね・・・私もいきそうです・・・」
「あぁぁ・・・いい・・・パパァ~佐山さんのチンポでイカされる・・・」
自分の妻が上げる感嘆の声に私も刺激され、是以上ない位に勃起したペニスを
絹代さんのオマンコに激しく打ちつけた。
「んんっ・・・いぃぃ・・・いぃぃ・・・私もイキます・・・ あぁぁ・・・だめっ、いっちゃう・・・」

お互いの声に刺激されてあげる声は激しさを増し、互いにヨガリ声を競い合っている。
私にも絶頂が近づいてきたようだ、背中の芯にツッツーンと快美感が走った。
「イクッーウゥゥッ、出る・・・出るよ・・・」
「あたしもいくー、いく・・・・」
快感に歪んだ絹代さんの、上気した美しい顔が、ガクガクと上下する。
口の端から涎がツーッと垂れた。

治代は佐山さんの濡れそぼったペニスを口に咥えて嘗め回していた。
**
グッタリと横たわる絹代さんの体に脱ぎ捨てて有る浴衣を掛けて、太股の処には
裾の部分を丸めて宛がい愛液と精液の入り混じった液体が床を汚さないようにして、
絹代さんを抱き上げて、私は自分の部屋に戻った。

私は部屋に入ると絹代さんをベッドに横たえて、風呂の準備をした。
湯の蛇口を目一杯に開き湯加減を調整して、ベッドに戻った。
絹代さんは汚れた陰部をタオルで拭き取り、
乱れた髪を治してベットの上で裸の侭で正座していた。

私は「ジュースでも飲みますか」と言って冷蔵庫の中から「みかんジュース」を二本
取り出し一本を彼女に渡し、一本を私が飲んだ。長い行為の後だったので、
喉がカラカラに成って居たので、ジュースを一気に飲み干した。

そうこうしている内に風呂の湯が溢れて居る音が聞こえてきたので、
「一緒に風呂に入りませんか」と絹代さんを誘って風呂に入った。

バスタブの中で、お互いの身体を弄りながら、絹代さんは私に聞いて来た。
「終った後、御家でも治代さんとお風呂にお入りに成るの?」
『どうして、家の事まで聞くの』
「だって、三泊四日も夫婦として一緒に過ごすんですもの。一晩だけだったなら、
 只遣るだけで済むけど、今回は生活を共にするんだもの。
 好みや癖を知って置きたいわ」
『絹代さんは、繊細な方なのですね、心配りの良く出来る奥様なのですね』
「あら、私は極普通の女ですよ」

そんな話の合間にも、私は湯の中で手を動かし続けた。絹代さんは次第に
平静で居られなく成ったのか、声が途切れるようになった。
息遣いの荒く成った絹代さんは、急に魚が跳ねるように腰を捻り、
浴槽の外に両腕をグッタリと投げ出した。乳房を大きく波打たせ、
軽いエクスタシーに襲われたらしい。
「続はベッドでお願い」絹代さんは、ねだるように囁いた。

私は湯船から上がり、素肌に浴衣を羽織、部屋のベッド待った。
程なく絹代さんが上がってきた。絹代さんはベットの脇でそっと浴衣を脱ぎ、
素っ裸でベッドに滑り込むと、もの狂おしく私に覆い被さってきた。

ふくよかの乳房が私の胸に押し付けられ、濃い目の陰毛が私の股間を刺激する。
  1. 2014/06/09(月) 19:00:00|
  2. 夫婦交換
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南紀勝浦温泉の夫婦交換で燃える妻。其のニ | ホーム | 南紀勝浦温泉の夫婦交換で燃える妻。其の四>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/541-4af6f507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)