FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

乱交パーティー参戦記。其のニ

023002.jpg
風呂へ入る前にオマンコの濡れ具合を確かめて置きたい気持ちが有ったので、
後ろの方からスカートを捲り上げ、パンティの上からふくよかな尻の周りの柔らかい
肉を撫でて居ると、彼女は腰をモジモジさせながら次第に股を開いてきた。

指をパンティの中へ潜り込ませて、尻の割れ目に沿わせて前の方へ差し込むと、
いきなりヌルッとした会陰部から膣口へ触った。
辺り一面溢れるばかり吐淫で、
パンティは冷たく濡れており、クチャッと密かに音がした。
「う、ううっ」
唸り声を洩らしながら、喜美子は激しく腰を振り、唇を離そうとしたが、
私は尚も執拗に舌を絡ませていた。

指先に力を入れて大陰唇を外へ広げ、内股をもっと開くように催促すると、
彼女は素直に大きく股を開いてきた。すかさずオマンコの肉を押し分ける様に
指先を進めると、ベットリと濡れた肉厚の小陰唇のビラビラ肉が軟体動物の様に
絡み付いて来る感じで、私の魔羅は早くもピーンと頭をもたげ、
喜美子の下腹の辺りをピクンピクンと突っつき始めた。

サネの包皮は既に捲くれ上がっていて、
エンドウ豆ほどに充血してコリコリと勃起したサネ頭に触れると、
ピクッピクッと反応した。本人の言葉どおり可也り敏感なサネで、
彼女の腰の動きの激しさが、それを如実に示していた。

その内に喜美子はとうとう堪りかねて、私の腕を振り払うようにして、
やっと唇を離すと、
「あぁ、あぁっ・・・止めて、止めて・・・あぁ、もう駄目、駄目よ・・・
 あぁ、もうイキそうョ、あぁ、イキそう、あぁ・・・あぁっ・・・」
と娘の様な可愛い声で、ヨガリ泣きの声を上げて悶えてきた。


023003.jpg
これ以上指戯を続けて、彼女が気をやってしまっても面白くないので、
突然、私はオマンコから指を引き抜いた。
「あぁぁん、嫌、嫌、止めないでぇ・・・」

喜美子は突然オマンコへの愛撫を打ち切られて、高まっている快感が中断され、
じれったそうに激しく身を揉んだが、彼女の身体を抱き締めて、静かに髪の毛や
背中を撫でてやると、間も無く気分が治まって来たらしく、鼻息が静かになった。

これ迄オマンコをクジッていた指を鼻先へ近づけて、匂いを嗅いで見ると、
例の果肉類のスエたような匂いが強烈であった。
「嫌な人ねぇ」
暫らくして、喜美子は下から恨めしげに私を見上げて呟いた。

『こんな事で気ぃ遣っては、折角の楽しみが台無しだからなぁ』
「そんな事言ったって、あなたが仕掛けた事じゃないの・・・意地悪ねぇ」
『そんなに怒るなよ、直ぐに良い気持ちにさせてあげるから、もうチョツト我慢しなよ』

そんな睦言を楽しんで、可也り長い時間が経ったように思ったが、
ホテルにへ入ってから未だ十五分も経過していなかった。

『ねぇ、一緒に風呂へ入ろう。一度身体を綺麗してから、
 初夜のオマンコをたのしもうよ』
「まぁ、初夜だなんて・・・でも、あなたとは初夜だものね。
 私も直ぐに後から入るから、先に入ってて。これでも女は色々と準備があるから・・・」

そう言われて、私は先に裸になり、ビンビンに勃起した魔羅を振りたてながら、
先に浴槽へ入った。
湯船の縁に頭を乗せて、鼻唄を口ずさんでいると、タオルで前を押さえた喜美子が、
静かに入ってきた。

湯気の中とはいえ素晴らしく若々しい身体で、
色の白い乳房は外観から想像していたよりはずっとふくよかで張りが有った。
湯船へ足を入れるのを待ち兼ねて、私は背後から彼女の身体を抱き寄せ、
両手で乳房を掴むようにして揉みしだいた。

肌理が細かい上に、湯の中なので更につるつるした感触で、私は久し振りに妻以外の
女の柔肌に触れたという気分で陶然となった。

『なあ喜美さん、あんたも俺のチンポを触ってくれよ』
そう言いながら固くなった魔羅を女の腰の辺りへ擦り付けてやると、
喜美子は躊躇する様子もなく、腕を後ろに差し伸べて、そっと亀頭の辺りを触ってきた。
023004.jpg
「まぁ、元気だこと・・・ビンビンに勃ってるわぁ」
それから魔羅の太さや長さを計るように、何度も何度も亀頭の先から毛際までを、
撫ぜたり擦ったりした揚句、仕舞いには青筋立てて反り返っている胴中辺りを握って、
包皮を前後に動かしに掛かったが、魔羅全体が怒張の余りパンパンに張り切って居るので、
余った皮はカリ首の辺りで止まってしまって、カリ先までは被ってこないのだった。

「ねぇ、男のモノって、こんなに鉄棒みたいに固くなる物なの?
 わたし、こんなチンポを触るのって初めてだわぁ」
感嘆の声を上げて私を振り返ったが、突然私の指先が固くなった乳首に触れ、
そこを撫ぜ回すと、
「あぁん・・・もう、あぁぁ・・・あぁぁっ・・・」
と両足を突っ張り、身体を弓形に反らしてきた。

喜美子はどこもかしこも触るところがみな性感帯のように、
敏感に反応する素晴らしい身体の持ち主なのであった。
湯船から上がると、喜美子は向こう向きに成って、自分の身体を洗い始めた。

『俺の身体も洗ってくれよ』
「あら、御免なさい・・・男の人とお風呂に入るなんて、
 初めてなものだから気がつかなくって・・」

夫婦で風呂にも入った事が無いなんて・・・一体死んだ主人と言うのは、
どんな男だったのかと思い、何も知らないのならその方が仕込み甲斐が有ると
私は内心密かにほくそえんだ。

『オマンコは俺が洗ってやるからね』
「まあ、勿体無い、男の人にそんな事させられないわ」
『今までに、オマンコ洗って貰った事無いのかい?
 戦後育ちが、結婚してからどんな夫婦生活していたんだい?」

私は嫌がる喜美子の身体を引き寄せると、股に石鹸の泡を必要以上に擦り付けて、
陰阜から土手一面に覆い茂った陰毛を手始めに、サネと言わず、ビラビラと言わず、
仕舞いには二本の指を膣の奥へ差し込んで、洗うと言うより、くじるように指先を曲げ、
オマンコの隅から隅までいじくり回した。
  1. 2014/06/07(土) 18:25:09|
  2. 乱交パーティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<乱交パーティー参戦記。其の一 | ホーム | 乱交パーティー参戦記。其の三>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/527-a5e7ddaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)