FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

行かず後家の姉と未亡人の母と・・・。其の一

◇初めての経験
嘉門洋子01a
私は農家の長男ですが、父も母も若く元気な内は好きな事遣ってて良いよ、
と、言われ大学卒業後も東京でサラリーマンを遣っていました。
処が私が29歳の時父はクモ膜下出血であっけなく亡くなってしまったのです。
母は55歳、姉は32歳、女手だけでは農業は無理なので係長まで成っていた
会社勤めを辞めて群馬の実家に帰りました。

姉は県立女子高等学校を卒業すると町役場に就職し今では町長も頼りにする
程のベテラン職員になっていました。

ある日、姉が「何か小説貸してくれない」と言ってきました。姉も小説を読むのが好きで、
よく二人で小説の貸し借りをしてはその内容について語り合います。
その時私は「焚火の終わり」という近親相姦を取り扱った宮本輝の本を貸すことにしました。
姉がこの作品を読んでどんな反応をするのか、ちよっと興味があり貸してみる事にしたのでした。
姉にはあえて内容は言いませんでした。

次の週の土曜日の夜、部屋でテレビを観ていると姉が本を返しにきました。
私はドキドキしながら、「どうだった?」と感想を聞いてみました。姉は部屋に入り、
「まあまあ、かな・・・」と言いました。

土曜の夜という事もあり、お酒を飲みながら何時ものようにこの内容について
語り合う事になりました。
最初のうちは近親相姦については二人共あえて避けて話していましたが、
次第に酔いが回って来たせいもあり、兄妹で肉体関係を結んだ内容にも触れ始めました。

姉は、「近親相姦する人達の気持ちは良く判らない」と言っていました。
私は酔った勢いもあり、正直に、
「俺はちょつと興奮したよ」と言うと、姉は少し驚いた顔をしていました。

その後もいろいろ話しましたが、結局、姉は近親相姦は理解できないと言い、
私は近親相姦もありだと言い、二人の意見は分かれました。

姉とこんな話をしているうちに私は興奮してきました。そして私は調子に乗って、
「近親相姦って禁断だから、他人とするよりかえって燃えるんじゃないかな」
と言ってみると、姉は、
「えー、そんなことないよ、正志、ちょっとおかしいよー」
と私を非難しました。


嘉門洋子08a
私は興奮していた事もあり、ちょっとむきになり、
「でも判らないじゃないか、実際にやってみないと」と言うと、姉は、
「えーっ、おかしいって、肉親でそんなことしたって、良いわけないわよ」
と言いました。

私は、「じゃあ試してみようよ」と言ってしまいました。
その時には私は目の前の姉を抱きたい、と言う気持ちでいっぱいでした。
姉は驚いたように、
「何、馬鹿なこと言ってるのよ、そんなこと出来る訳ないでしょ」と言いました。
私は、
「でも試してみないと、近親相姦がどんなものかわかんないよ、
 実際にやってみて、それでも姉ちゃんが近親相姦なんてありえない、
 て言うなら、俺の負けを認めるよ」
なんて訳の分からない事を言っていました。

姉は、「それはそうだけど、でも、ちょっとね・・・」と力なく言いました。
私は姉がもっと怒ったり否定すると思ったので、ちょっとびっくりしました。
もしかしたら姉とSEXできるかもと思いました。
そして私は思い切って姉の躰を抱きしめました。

姉は驚いて「こらっ、やめなさい」と抵抗しました。
でも私は構わず姉を押し倒すと、姉は、
「何するの、正志、やめてぇー」と必死に抵抗しました。

しかし私はもう抑えが利かず、暫くもみ合っていました。
そして、ふと下で寝ている母に聞こえたらまずい、思い、
「母さんに聞こえるよ」と言うと、姉も気にしたのか声が小さくなり、
抵抗する力が弱まってきました。

そして私は姉の唇に自分の唇を重ねました。姉は相変わらず抵抗の姿勢を崩しませんが、
その力は弱々しく、次第に諦めたように私の舌を受け入れ始めました。
しばらくキスを続けた後、姉から離れて、「ねえ、いいでしょ」と言うと、
姉は考え込んだ末に「一度だけよ」と言いました。

私は姉をベッドに誘い服を脱がせ始めました。そのころには姉はもう抵抗しませんでした。
姉の着ていた、Tシャツとジーンズを脱がすと、上下白の下着が現れました。
姉は158センチ程でバストやヒップは形よく肉が付いており腰は細くくびれています。
嘉門洋子14a
私も服を脱ぎパンツ一枚になると、再び姉を倒して上に乗り姉に愛撫をしました。
そしてブラジャーを取ろうとすると、姉は恥ずかしそうに顔を背けて目を瞑りました。
姉の形良いオッパイがみえ、私は興奮して夢中でおっぱいにむしゃぶりつきました。

姉は「あっ、あっ」と小さく喘ぎ始めました。
そして、パンティに手をかけると、「いや、だめ、恥ずかしい」と少し抵抗しましたが、
私はかまわずパンティを下ろしました。
「いやー」と姉は必死で自分のアソコを両手で隠していました。

私は姉の手をつかみ、「見せて」と言い、姉の手をどけました。
姉は「えっ、だ、だめー」と言いながらも手に力はなく、姉の陰毛が見えました。
そして、姉の股に顔をうずめて舐め始めました。
「あん、あん、あーん」と姉は顔を左右にふりながら、喘ぎました。

しばらく愛撫を続けた後、私は姉の股に躰を入れ、いよいよ挿入する体制をとりました。
姉は目を開いて私を見つめて、
「本当にするの?いれちゃうの?」と力のない声で言いました。
私が「うん、入れるよ、いいでしょう?」と言うと、姉は何も言わず、
覚悟を決めたように目をとじました。

私はそれを合図に、勃起したペニスを、姉のアソコにあてがい、徐々に挿入していきました。
「あー、入っちゃう、入っちゃうよー」と姉は叫びました。
私が「姉ちゃん、声が大きいよ」とあわてて言うと、姉は自分の指を口に入れました。
私は一気にペニスを挿入すると必死に腰を使いました。

姉は「あん、あん、あん」と必死に声を噛み殺しながらも喘ぎだしました。
さらに激しく腰を使うと、
「あー、あー、いいー、いいー、正志、いいいーっ」
と姉は髪を振り乱しながら、気持ちよさそうにしていました。

私はもう限界になり、慌ててペニスを引き抜き、射精しました。
終わったあとしばらくは二人共黙っていましたが、私が、
「姉ちゃんどうだった?」と聞くと、「私の負けかもね」と言いました。

そのご、姉とはしていませんが、昨日の夜、姉に、
「今度の土曜日、またしない?」と聞いてみると、
姉は恥ずかしそうに「うん」と言ってくれました。
  1. 2013/07/30(火) 08:59:50|
  2. 近親者との性行為
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<乱交パーティー参戦記。其の七 | ホーム | 行かず後家の姉と未亡人の母と・・・。其の二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/505-81558358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)