FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

勃起不全の叔父を3Pで勃たせる。其の一

◇叔父の行為に隠された下心◇
_pia000b.jpg
私、森口千恵美(52歳)と峰岸隆三(72歳)は叔父と姪の関係である。
私の母、恵美子と隆三叔父は二つ違いの姉弟である。

10年前に隆三は最愛の妻を病で亡くし、その三回忌を済ませた8年前に
現在の妻と再婚したのだが、当初は良かった夫婦仲も一年を経った辺りから、
不仲となり、5年前に私は、隆三の愛人になった。

隆三の言葉によれば、私は愛して止まなかった先妻の和江伯母に良く似ている
のだと言う。
私も当時浮気者の夫と離婚する際に、何かと叔父に相談事をしていて、
私と叔父が男と女の関係に成ったのも極自然な成り行きだった。

叔父は離婚した私と子供達の事を気遣い、叔父の家の近くに有るマンションで
新生活のスタートを切るよう勧めるてくれた。
そして、引越しの資金も、マンションの敷金、権利金も負担してくれた上で、
当面の生活の面倒まで見てくれたのだ。

願ってもない事なので、叔父の好意に甘える事にした。それは叔父の愛人に
成ると言う事でも有ったのだ。
大手生保の役員を定年退職して悠々自適の生活を送っていた叔父は、
私の就職の世話もしてくれた。
コネを使って、中堅の出版社に潜り込ませて呉れたのだ。

もし亡くなった伯母が健在だったら、私は叔父に甘える事は出来なかったと思う。
とにかく、叔父のお陰で私と子供達は充実した日々を送れるようになったのだ。

其の日、世話に成った事に感謝して、自宅マンションに叔父を呼び、
心をこめた手料理でもてなした。
叔父はすごく喜んでくれ、大好きな酒をいっぱい飲んでくれた。

「そろそろ、お暇しようかな」と、叔父はソファから腰を上げようとした。
「えっ、もう帰っちゃうんですかぁ?」
「だって、迷惑だろう?」
「なに言ってんですかぁ。もっといてくださいよぅ」

本心からそう思い、引きとめた。
叔父はソファに座りなおし、ウイスキーの水割りをまた飲み始めた。
翌日は休日だったので、私もお酒に付き合い、和気藹々と会話に花を咲かせていた。



_pia000c.jpg
夜も更けてきた。叔父はかなり酔っているみたいだったので、
「叔父さん、今日は泊っていってくださいね」と声をかけ、
布団を敷きに客間に向かった。客間といっても、四畳半の狭い和室なのだが・・・

布団を敷き終えたとき、襖の閉まる音がした。
ハッとする間もなく、私は布団の上に押し倒され、部屋着のスエットパンツとショーツを
毟り取られてしまった。
「叔父さん、やめてぇ・・・」
懸命に訴えようとしたが、まさかの事態に動転しきって、消え入りそうな声しか出なかった。

叔父は荒々しく息を弾ませながら、私の股を押し広げ、むき出しの陰部にいきなり
喰らい付いてきた。普段はあんなに温厚で優しくしてくれる叔父なのに、
欲情を露にし、淫靡な行為を長々と続けた。

離婚問題が持ち上がってから一度もセックスしていなかった私は、どうしょうもないほど
感じてきて、とうとう、いやらしい声をだしてしまった。
「あぁ、やっと、悦んでくれたねぇ」
叔父は囁き、今度は人差し指と中指を膣の中に挿入し、クリトリスの裏側の壁を
二本の指の腹で押したり、叩いたり、擦ったり、震わせたりしてきた。

最初はくすぐったかったが、オナニーしている時とは違う感触が芽生え、
暫くして指の腹が“ある部分”に触れた瞬間、私は反り返り、激しく達してしまった。
それまで一度も味わった事のない、強烈な快感だった。
“ある部分”が「Gスポット」だと叔父は教えてくれた。

叔父は、指で私をイカせたあと、そそり立つたペニスを膣の中にいれ、
ゆっくりとうごめきはじめた。挿入は浅めであったが、時々根元まで埋め込ませ、
恥骨と恥骨を擦り合わせるようにして、大きく皮の剥けたクリトリスを刺激した。

其の度に、私はふしだらな声をあげ、また舞い上がってしまった。
「あぁ、キレイだぁ・・・」
叔父はそう言ってくれ、うごめきを速めてきた。 
_pia00b.jpg

「叔父さん、すご~い!あたし、また、イッちゃいそうよぅ」
そう訴えると、叔父は女を気遣う言葉で問いかけてきた。
「今日は、大丈夫な日?」
「うん、大丈夫よぅ・・・中に、出して~!」

叔父は安心したのか、さらに激しく抜き差しし、私を絶頂に導くとすぐ、煮えたぎっている子宮に
精液をあびせかけた。そしてゆっくりとペニスを抜き、ティッシュでアソコの汚れを丹念に拭ってくれた。
私は股を大きく広げたまま、
「叔父さん、気持ちよかったわぁ。こんなに感じたの、初めてよぅ」と言ってあげた。

叔父は満足そうにうなずき、そのあと、私の全身を優しく撫で回し、ウットリとさせてくれた。
別れた夫も、肉体関係を持った数少ないほかの男達も、
そんなこと一度もしてくれなかったので、
「叔父さんって、ホントに優しいのねぇ。大好きよぅ」と、甘え、戯れに、
愛液と精液にまみれた侭のペニスをペロペロと嘗め回し、キレイにしてあげた。

すると、どうだろう、還暦を遠に過ぎているというのに、叔父のペニスは再びたくましく
蘇ってきたのだ。
「すご~い!」
思わず、声を昂ぶらせ、赤黒く怒張した亀頭を大きく口に含んで、あからさまにしゃぶってあげた。

「千恵美は、上手なんだねぇ」
「いやらしいこと、言わないでぇ」
「怒ったのかい?」
「ううん、そんなことないわよぅ」
「また、チンポ、入れてあげようか?」
「やだぁ、いやらしいコトバ、つかわないでぇ」
「でも、したいんだろう?」
「うん!」
「どんな格好で、したい?」
「・・・後ろからしてぇ」
思い切って訴えると、叔父は私を四つん這いにした。
  1. 2012/10/28(日) 14:59:24|
  2. 叔父・姪相姦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幼馴染の嘉子さんとの秘め事 。其の七 | ホーム | 勃起不全の叔父を3Pで勃たせる。其の二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/490-6d284d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)