FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

憎き鬼(姑)ババァ・・・其の一

憎くてたまらない女・・・娘の嫁ぎ先の姑です。
嫁と姑の問題は常に古くて新しいと言われていますが、
嫁に出した娘の父親となるとそうとばかりは言ってられないようで・・・


◇復讐のビデオ計画◇
鬼バアバア1-1
私の秘蔵するビデオ作品の中に他人には見せた事の無い五年前の作品があります。
世間で言う裏ビデオです。男は私、女は娘の嫁ぎ先の姑、敏江さんです。

色っぽい仲良しの記念としてビデオを撮ろうとしたのではありません。
脅迫のネタにするつもりで撮ったビデオです。
事の起こりは三年前の結婚まもない娘からの電話でした。
一本の電話が六十四歳の男ヤモメを狂気の世界へ連れ込んだのでした。

娘からの電話のあらましは、だいたい次のような事柄でした。
過日、娘が一日、私の家へ掃除洗濯に来てくれたのですが、
生憎その日、姑の敏江さんが持病の胃痙攣をおこしました。
息子夫婦の家へ電話したのですが娘は私の家に居り、当然留守をしていました。

敏江さんも独り暮らしです。よほど胃が痛んだのでしょう。
留守にしていた娘に対する嫌味は、いつも以上に酷かったようです。

「よしゃ、父ちゃんにまかしとけ」
大手の建設会社で土木建設現場に長年携わり、荒くれ工夫を相手にしてきた、
私の野太い声に、娘が慌てました。
「ちがうの、お父ちゃん。お義母さんは、私が家を留守にする時は、
 行き先を知らせておくように、おっしゃつただけなのよ」

姑の敏江さんに気をつかう娘がいじらしかったが、電話してきたところから考えて、
よほど口汚く罵られたにちがいない。目に入れても痛くない一人娘だ、
ヤモメの男親としては我慢が出来ない。
「お父ちゃん、お義母さんに余計な事を言わないでよ」
「わかってるよ、心配するな」

一応は娘を安心させて電話を切ったが、腹の虫は治まらない。
以前からミッション系の女子大でインテリぶった芳江さんが好きではなかった。
(工業高校の土木科出の私を何かと見下しやがって・・・)
どうしても愚痴になってしまうが、敏江さんをなんとしても遣り込めない事には、
胸のもやもやが晴れない。


鬼バアバア1-2
「もう、かんにんして!」と敏江さんが謝るまで徹底的にやり込め、
其の証拠をばっちりビデオに収録してやろう。後日、娘をいじめない為の脅迫に使える。

敏江さんや娘夫婦は東京の大田区に住んで居りまして、私の住む横浜からは
乗り換えなしの私鉄一本で行ける所に有ります。
私はS社製の液晶モニター付きのビデオカメラを持って、敏江さんの家に向かいました。
亡くなった亭主が貿易会社の役員をしていたと言うだけ有って、
敏江さんの家は大きくはないが洋風の洒落た建物だった。

「お父さん、ほんとうによくいらしゃって下さいました」
東京生まれの東京育ちの敏江さんは上品な言葉遣いで迎えてくれた。
私のことを「お父さん」と呼びます。娘の父親だからでしょう。
群馬生まれの田舎者の我が家では、
娘や亡妻からは「お父ちゃん」と呼ばれていたので、
「お父さん」などと呼ばれると、何かこそばゆい感じがした。

「私も、お父さんも寂しい独り者ですから、
 お互いに良いお話相手になりましょう。お願いしますね」
と、敏江さんは口が上手である。私の家へは寄り付きもしないで、
と内心ぶすっとしましたが顔には出さなかった。

応接間に招じ入れてくれた敏江さんが、お茶の用意で出ていったので、
ソファに腰掛けた私は、持って来たビデオカメラを取り出し三脚にセットし、
モニターを観て位置を決めた。ワイヤレスのリモコン調節も巧くいった。
用意が整った直後に、敏江さんがお茶をもって来た。

「お酒がお好き伺っていましたから、ブランデーを多めに滴らせておきました」
と、調子が狂うほどの気配りで、私が紅茶を口にしているとき、
敏江さんが壁際にセットしておいた三脚のカメラに気づきました。

「いや、買いたてホヤホヤのビデオカメラです。テストを兼ねて撮ってみようと思いましてね」
機先を制して言い、続けて「未だテープは回しておりませんよ」と安心させた。
「まあ良かった。撮る時は言って下さいな。へんなお顔に写るの嫌ですから」
と、敏江さんが羞恥の色を顔に浮かべた。
(六十二のババァが・・・)と内心で毒づきながら顔を見たのですが、
驚きました。どうみても五十代中頃としか見えません。
  1. 2012/10/17(水) 16:46:29|
  2. 未亡人の性
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<“さよなら”も言わずに消えた秋田生れの女。其の四 | ホーム | 憎き鬼(姑)ババァ・・・其の二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/429-38abf704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)