FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

夫婦交換の夜。其の一

◇スワップの決まった夜
夫婦交換の夜1-1
山川ご夫妻とのスワップが決まった夜。家内は不機嫌に成ってしまいました。
表面上は普通にしているのですが、食器を洗っている横顔など、
ほっぺたが他人行儀のようにツンとしていて、とっつきにくいのです。

「嫌なのか?嫌ならやめてもいいんだぞ、どうする?」
子供たちが自室に引っ込んでから、私は家内に聞きました。
スワップは一週間後です。やめるなら十分に間に合います。

「別に、嫌というわけじゃ・・・」
相変わらず他人行儀の表情で、家内は見たくも無いテレビを見ています。
そうです。嫌と言う訳では無いのです。なぜなら、山川ご夫妻とのスワップは、
家内も望んだ事ですし、何度も検討を加えての事なのですから。

山川ご夫妻とは交際誌で知り合ったのですが、写真と手紙で知り得た限りでは、
お二人とも知的で、温かそうな人柄でもあり、素敵なご夫妻です。
杉並に住んでいて、ご主人が四十四歳、奥様が四十ちょうどです。
因みに私は四十八歳、家内は四十三歳です。

年齢から言えば私達が上ですが、スワップは始めて。
山川ご夫妻はもう何年も前からエンジョイしているらしく、
私達のほうがリードしてもらう立場なのでした。

あんまり年上じゃ嫌だなあ、と言っていた家内も、
山川氏が自分より一つ年上という事で、
フィーリングが合いそうだと、喜んでいたのです。
手紙を三度やり取りして、そしてその日、
私が直接お宅に電話して、正式に決めたのでした。

「なら、予定通り、いいんだな?」
私がそう言うと、家内は、否定しないものの、
顔を強張らせて、ウンともスンとも無いのでした。

「まあ、今日結論を出さなくちゃ成らんというわけでもない。
 明日か明後日でも遅いってことはないんだから」
私は家内に寝るように促し、一人先に布団に入りました。


夫婦交換の夜1-2
でも、家内はなかなか心の決断というのか、収まりがつかなかったようで、
布団に入って来たのは、私が一度ウトウトして、それからハッと目をさました時でした。
たぶん小一時間は経っていたと思います。

もう子供たちは眠っている時間だったので、私は家内の心を和らげる意味でもと、
隣の布団に入っていきました。家内は私に背をむけていました。
部屋は暗くして有ったので、表情は分からなかったのですが、おそらく目をパッチリあけながら、
それでいてもう眠ってる振りをするというような、そんな状態だったと思います。
私は何も言わずに、家内の肩から向こう側に手を回し、パジャマの上から乳房を揉みました。

もう結婚二十年と言う事もあるので、無言で愛撫を始めることは普通のことで、
家内のヨガリ声は別として、それ以外は最後まで無言のまま営みを終えると言うのも、
珍しいことではありません。言うなれば中年夫婦のマンネリセックスと言うわけで、
そもそもスワップとかを考えるようになったのも、マンネリ打破、折角の人生なんだから、
新しい快楽を求めて・・・と言う事だったのです。

私は、ハッとしました。もうさっきから押し黙って他人のような顔をしていた家内が、
乳首を尖らせているのです。
(こいつめ、ヤッパリ・・・)私はとても嬉しくなりました。
家内もシタイ盛りの四十三、自分より一つ上と言う好男子の山川氏と、
公認のSEXができると言うことで、表とは裏腹、体はもう燃えていたのです。

其の時私は家内の事がすごく愛おしくなって、左手を首の下から回して、
プロレス技みたいにして抱きすくめ、上側の、右の乳房を揉みしだきました。
「あん、ダメ・・・」私の手を強く押さえ、家内が動きを制しました。

乳首を立たせているのに、家内の手は本当に強くて、
本気になって拒んでるようにも思えました。何か、家内が意地になってる感じがしたので、
つい私も意地になって、パジャマのボタンを外すと、強引に手を差し込みました。

「ああん、ダメェ」と、家内が身をよじって拒みます。
しかし、私がプロレスみたいにして抱きしめているので、結局私の勝ちで、
私は右の乳房をつかみ出し、やわやわした大好きな乳房を揉みたてながら、
布団を跳ね除け、乳首を口に含みました。
「あっ・・・はあ・・・」
と、そこにはシタイ盛りの女、それでなくても乳首を立たせていたので、
家内はあっけないくらい簡単に感じて、早くも声なんか出しています。
夫婦交換の夜1-3
家内がそんなに成っているのは一週間後のスワップが原因なので、
当然私も色白で愛くるしい顔立ちの山川夫人のことが頭に浮かび、
スワップ前哨戦というのか、すこぶる興奮しました。

私は家内の胸をすっかりむき出し、右の乳首を甘咬みしながら、
左の乳房を揉みしだきました。
「はっ、はあ・・・あ、ううん・・・」
家内が、何時にないエキサイトぶりを示しています。
二十年もシテきているので、家内が女の襞の奥をしとどに濡らしているだろうことは、
分かりました。私は乳房を愛撫していた右手を下に滑らせ、
パジャマのズボンの中、そしてショーツのなかに忍ばせました。

「イヤッ!」と、またしても家内の強い抵抗です。
「嫌?何が」私は、緊張と興奮で自制が効かなくなっているような家内の
心を和らげてやろうと、恋人みたいに優しく言いました。
家内は身を硬くしたまま、黙っています。私は指を進めました。

長年慣れ親しんだ、柔らかくて程よい濃さの恥毛を掻き分け、
指を伸ばすと、家内も私も大好きなクリトリスがあります。
案の定勃っていました。私はコリコリと、中指の腹で割れ目を転がしました。

「んっ!はあっ!」
家内がグイグイ、恥骨をせり上げました。
「勃ってるね、クリちゃん」
私は胸から顔を上げ、頬ずりしました。
一週間後は山川氏にヨガラセられる家内のことが、
心から愛おしく思えたのです。

家内はそれにも何とも答えず、ただハァハァ喘いでいます。
そんな家内の頭の中に、自分の事を刺し貫いて激しくピストンしている
山川氏の姿があるような気がして、一抹の嫉妬を覚えました。

(なら、おれはおれで・・・」
私は家内の肉体を借りて山川夫人の恥部を弄くっている事をイメージしながら、
指を奥に進めました。
  1. 2012/10/13(土) 09:39:29|
  2. 夫婦交換
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<妻の新しいボーイフレンド。其の五 | ホーム | 夫婦交換の夜。其の二>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/09/07(水) 21:26:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/389-3397b79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)