FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

一卵性姉妹のボボ調べ。其の一

◇絶対義理マンじゃない
一卵性姉妹のボボ調べ1-1
釣り船屋の朝は早い。
予約客のある日は、いつも小屋に泊まることにしている。
漁師を辞めたとき、かみさんの希望で海辺近くにあった住まいを、
少し奥まった丘の上に移したため、船を泊めてある岸から、
遠くなったと言うのは口実で、好きな海の傍に居たのと、
たまにはかみさんから、解放されたいと言うのが本音だ。

漁師の時は、一年のうち半分は船、降りた途端に、かみさんと一緒。
嫌と言うじゃないが、それまでが自由すぎたか、しんどいと思うこともある。
小屋は、釣り具などが置いてある文字通りの小屋。
ここなら誰にも遠慮はいらない。海を見たければ、いつまでも見ておれる。
好きな酒も、脇からかみさんにごちゃごちゃいわれないで飲める。

あの日も小屋に泊まった。水平線の彼方に沈み行く太陽を見ながら、
七輪をバタバタあおいで、火を起こして、小魚をあぶって一杯やって、
冷えたんで、そろそろ寝ようかと思っていたときに、突然女の声がした。

「おじさん、一人?」
見ると若い女だ。
「一人だ」
と言うと、
「今夜泊めて・・・」
いくら年はとっても、若い娘にそういわれると、胸中穏やかではない。

しかし娘の方はもはやその気で、俺の脇にちょこんと座った。
自然を見直そうとかで、最近はこんな辺鄙な海岸へも都会から、
若者が遊びに来るようになった。しかし、たいがいアベックかグループかで、
女一人は珍しい。

見ると可愛い顔をしている。
加賀まりこと言う女優は、今ではすっかり年をとってしまったが、
彼女ほどでもないけれど、結構な女だ。

「どうしたんだい。一人で・・・」
聞いた途端に俺は後悔した。聞いてどうなると言うんだ。
訳があるに決まってるじゃないか。


一卵性姉妹のボボ調べ1-2
娘は笑って答えなかった。
話題が無いから、自然に口が忙しくなる。娘は結構いける口だった。
半分残っていた一升ビンが、気が付いた時には空になっていた。

「ここで寝るか」
と言ったが、布団は一組しかない。まさか一緒と言う訳にもいかないので、
俺は藁をまとめて、その上に丸くなった。しかしなかなか寝付けない。
おじさんには違いないが、まだ60を出たばかり。あっちだってまだ現役だ。

女も寝付かれないらしい。寝息が不自然に途切れるし、寝返りを打つことが多い。
「おじさんも寝られないの?」「ああ、寝そびれたよ」
「ごめんね」「いいんだ」
「寝ないと、明日困るんじゃないの」
困るけど、まさか子守歌を唄って呉とも言えない。

「こっちに来たら・・・」「・・・」
「私はいいのよ」(それはどういう意味だ・・・)
「厭なら仕方ないけど・・・」
その一言で、俺の下半身はムラムラと熱くなった。年甲斐も無く、胸がときめいた。

俺は布団に入って行き、そして半ば強引にぎごちない手で娘を抱きしめた。
俺には娘はいないが、いればこの娘ぐらいだ。
ふとそんな思いが脳裏をよぎったが、酔いがごまかしてくれた。

娘は俺の腕の中で、器用に脱いで裸になった。
あわてた。震えた。しかし、よかった。
あんな柔らかい肌に接したのは、何年ぶりだったか。

興奮を抑え切れない俺は、娘に強く抱きついた。
「痛いわ、そんなに強く抱いたら」
娘のような女に言われて、いやはや恥ずかしかったけど、俺はまだ浮ついていた。
その証拠に、俺はまだズボンを履いていた。女が裸になっているのにだ。

俺は慌てて、下着を脱いだ。
女は俺のシャツのボタンを外して、俺の胸に顔を埋めてきた。
まったく落ち着いたもんだ。60の爺さんがオタオタしていると言うのに。
一卵性姉妹のボボ調べ1-3
「元気なのね、おじさんて、フッフフ」娘は俺のムスコを指で弄びながら言う。
俺が指で娘のアソコに押し当てると、娘は「あっ」と小さな声をあげて、瞬間腰を引いた。
久し振りなので、戸惑ったが、弄っている内に壺にたどり着いた。

練習不足とはいえ、港、港に女ありと言われる海の男。
特にモテ他方でもないが、人並みに女で苦労はした。

娘は、じきに咽ぶ様な声を上げ始めた。
キスをした。娘は拒まなかった。拒むどころか、忽ち息を荒くして抱きついて来た。
俺は、やっと落ち着き、自信を取り戻した。

ボボをまさぐりながら、口で乳房と唇を交互に愛撫した。
娘は体を揺すって、よがり声を上げた。
布団は、どこかに飛んでしまった。夏の終わりで、少し肌寒かったが、
娘も俺も、そんなことは忘れていた。

突然娘が、体の向きを変えて、俺のムスコを咥えた。
驚いた。俺なんかの若い頃は、そんなことは、商売女でもしなかったが、
今時の女は当たり前の事と思っているようだ。

こうなると負けてはおれない。俺は目の前にある娘のボボを、夢中で吸った。
ズルズルと音を立てた。俺の顔はたちまち、ずぶ濡れになった。女の汁と俺の唾だ。

風が出てきたらしく、あばら家の戸がきしむ。ノラ猫がニャアニャア鳴く。
しかし俺たちは、そんなこと関係なく素っ裸になって、もつれあった。いい女だった。

娘が「来た」と言った時は、びっくりした。普通は「イク」とか「シヌ」だろう。
最初は何か来たのかと思った。まさか、かみさんが来るわけないけど。

娘はこの町へは、男と一緒に来たと言った。別れるつもりだった。
別れ話を持ち出した途端に、怒った男は、娘を残して車で帰ってしまった。
ひどい男だと俺が言うと、
娘は「冷たくされたほうが、未練が残らなくていいのよ」と言った。

まったくしっかりした娘だ。しかし、なんで俺のような男とヤル気になったのかは
ついぞ聞かなかった。泊めて貰ったお礼かとも思ったけど、
義理マンという感じもしなかったし、結構たのしんでいた。

次の朝娘は早く、釣り客が来る前に小屋を出て行った。
俺に迷惑がかかると思ったんだろう。名前も告げずに。
  1. 2012/10/13(土) 05:18:14|
  2. 忘れえぬ人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夫婦交換の夜。其の四 | ホーム | 一卵性姉妹のボボ調べ。其の二>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/385-24dbfb9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)