FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

色狂い。其の一

~血の気が引き~
色狂い1-1
私は東京都板橋区に住む堀内芳江(仮名)と言う今年53歳に成る女です。
私を“色狂い”にしてしまった。愛しいお方は私より一回りも年上(65歳)の男性です。

五日ぶりに彼と逢う為に身支度を整え、
最寄の駅から約束の場所へ向かう為京浜東北線の電車に乗りました。
電車の中では本を開いても目に入らず、落ち着きません。
読む事を諦め目を閉じると彼の勃起した形の良い男根が頭の中に浮かんできて、
膣口が脈打つように疼きます。乳房も同じ様に固く成ります。

私は彼との愛の為に借りた部屋で彼を待ちます。
其の間、一分が一時間の様に感じられ、
色々気を紛らわそうとしますが、そわそわするばかりです。

私の気持ちは早く彼とセックスをしたいと言うそれだけです。
三十分程遅れてやっとトントンとノックの音。急いで鍵を開け、彼を迎え入れます。
私の気持ちは昂ぶって一秒も待てません。
部屋に入った彼をその場に立たせたままで、ズボンの上から彼のものに触れます。
彼の男根もピクピクと勃起してきます。

私はズボンを引きずり降ろし、大きく青筋立てて勃起している男根を取り出し、
夢中でしゃぶり吸いつくのです。まるで赤ちゃんが母の乳房にかぶりつくように
約二十分~三十分位舐め続けます。

貪るように深く吸い込んでみたり、軽く舌でくるくる舐めたり、頬ずりしたり、
目や鼻で撫で回したり、口に含んだ侭顔を前後に動かして楽しみます。
最初は立ったままの彼もやがて布団の上に横たわります。

彼の物を舐めて居ると快感が膣に響きます。潮を吹いて居るように愛液が流れ、
ドロドロに成ります。乳房も固く重たくなり、膣がピクピク動くように成り、もう堪りません。

舐め続けているとブルブルと身震いが起り、男根から口を離す時が有ります。
その侭舐め続けているとイッテしまいそうに成るからです。


私にとって吸茎は、彼へのサービスでも有りますが、
私にとっても、より快感が得られるのです。
暇があれば一日中でも口に含んで居たいのです。
彼に会えば必ずしゃぶりたくなるのです。
私はしゃぶって居るのが大好きな色狂いの女です。

彼の服を脱がせ、私も全裸に成ります。私は仰向けに成り、両足を思い切り広げ、
其れを胸に抱えるような姿勢で彼を向かい入れようとします。
「早く入れて」
大きく固くなった彼の物がドロドロの私の中にズブリと突き刺さります。
この時の歓びと快感は何とも言えません。胸が熱く成ります。

彼にしがみつき、十秒~四十秒後には最初のオーガスムに達します。
その瞬間、全身痙攣を起こし、血の気が全身から引くような感じで、
意識が次第に無くなり、失神状態に成ります。

やがて静かに性の麻酔から覚め徐々に意識が戻って来ます。
それは丁度手術の麻酔から覚めていくのと同じです。

この時の快感は魔法としか言い様が有りません。徐々に目が覚めると共に
両目から熱い涙が溢れ出し、耳を濡らします。
普通の涙とは違う目の端が焼けるような熱い涙です。

併し、彼は未だリズミカルに腰を使っています。男根が膣内を動くにつれ、
再び子宮の辺りから快感が広がってきて、興奮が高まり、
彼が激しく突き立てると一気によがり声が口から漏れて、彼にしがみ付き、
再び悲鳴を上げ、痙攣を起こし、二回目のオーガスムに達し失神します。
三回、四回、五回とオーガスムと失神を繰り返す事に成ります。
これが延々と続き挿入から抜き去るまで約二時間、
二十回~四十回のオーガスムを感じます。

この間、自分ではよく判りませんが、
かなり大きな声を発するため、彼は手やタオルで口を押えます。

最後の失神から意識が回復した時、彼はすでに私の身体から離れて、
衣服を身に付けている場合が殆どです。
彼が来てから、帰るまで約二時間三十分。私が舐めているのが二十分、
挿入時間が二時間、着替え五分、会話五分と言う有様です。
はんを押した様に時間は正確です。

彼が私の身体から離れた時は、
帰る時間が来た時で、彼のセックスが終った時では有りません。
私が強く望んでも射精するのは月に一度位です。

彼が射精した時は一段と迫力があり、強いオーガスムに達し、
大いなる満足感が得られるのですが・・・
彼はもう歳だからと言いますが、射精はしなくとも勃起してくれる男根を、
舐めさせて呉れさえすれば私は満足なのです。

切ないお別れの時が来れば寂しい思いがしますが、仕方なく諦めてしまいます。
セックス前の苛立った気分はすっかり解消し身も心も別人のように軽くなり
憂鬱だった心は晴れて、笑顔が戻ります。
自分でも恥かしい位で、帰りの車中では本を読み、下車駅を乗り過ごしたり、
電車を降りて家路に付く時は鼻歌を歌いながら、顔見知りの人が居れば、
笑顔で挨拶し、お星様に感謝しつつ戻ります。彼との逢瀬は毎日、
判で押したようにこのような内容で行われます。
  1. 2012/10/10(水) 18:11:44|
  2. 人妻の性欲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<倦怠期脱出の試み。其の六 | ホーム | 色狂い。其のニ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/363-2e9366b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)