FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

15年ぶりに味わった涙と性の宴。其の五

◇天にも昇る気持ち
15年ぶり5-1
私はどんなに早く射精しても、妻は不満気な顔をしたことがありませんでした。
オーガズムに達しないこともしばしばあったでしょうが、素直に何時も、
「よかったわ」と言ってくれるのです。

行為の後、妻は台所に立ち洗面器に水をたっぷり満たして持ってきます。
タオルに水を浸して、ペニスを綺麗に拭いてくれるのです。拭きながらよく、
「ここ不潔にしていたら、女の子が嫌がるもんね」と、そんなことを言っていました。
妻はまだ私の気持ちを理解していなかったのです。
結婚したいと言う気持ちを・・・。「尚子と暮らしたい」 と言う気持ちがあることをです。

三月の終わり、そろそろ春の気配が感じられるように成ってきた頃、
私は妻にプロポーズをしました。しかし、妻は、
「おばあちゃんをからかうもんやないの」と真剣に受け取ってくれませんでした。
「冗談なんかやない、本気なんや」
「あほなこと言うんやないの!」

いつになく強い口調で私をたしなめた妻。
13歳も歳が離れていて、しかも離婚経験があって、子持ち女とわざわざ結婚する
必要なんてどこにもないと突っぱねます。もちろん、私はそんなことを百も承知です。
そういうことをひっくるめて結婚しようと言っているのです。

私はしつこく求婚し続けました。すると、妻はすっと立ち上がり、
「考えさせてくれる」
と言ったまま部屋に引っ込んでしまったのです。
後になって聞いたところによると、妻は部屋で泣いていたそうです。
うれしくてうれしくて、涙が次から次と溢れ出て止まらなかったそうです。

プロポーズをした翌日、私は貯金を下ろして、百貨店へ行き婚約指輪を買い求めました。
婚約指輪にしたらとても安いものです。見映えもよくありません。
しかし、そこには私の妻への愛が凝縮されていたのです。

私はそれを持って妻の部屋を訪れました。プロポーズをして一週間目のことです。
「今日は、絶対にオーケーしてもらうから」
そう言って、私は妻に指輪を差し出しました。妻は唇を噛み締めています。


15年ぶり5-2
そして私をじっと見つめると、
「こんなおばあちゃんでええの?章くんが30歳になったら、私43よ。
 57歳の時には私、70歳なんよ。それでもええの?
 その時になって後悔しても遅いんよ」

「年齢なんか関係あらへん。おれはおまえと一緒になりたいんや!」
「章くん・・・」
妻の目から涙がこぼれ落ちたとき、ベビーベッドで眠っていた和恵が泣き出しました。
妻が抱かかえあやしています。
「和恵ちゃん、パパがほちいでちゅか?」
和恵に話しかけています。
「ママよりも13歳も年下でちゅよ」

私は妻の手から和恵を抱き取り、和恵に言いました。
「和恵ちゃんもパパが欲しいでちゅね。このぼくが新しいパパでちゅよ」
和恵が笑いました。
「パパ、パパ」と、紅葉のような手で私の顔を触ろうとします。
「ぼくがパパでちゅよ!」
顔を近づけると和美が鼻をつまみました。

妻が私の手を握り、
「おばあちゃんになっても、離れんといて」
それが妻の、私へのプロポーズの答えでした。それから三ヶ月、私達は夫婦になりました。
私の両親は猛反対でしたが、最後は私の熱意に負けて渋々ながら承諾したのですが、
ついぞ妻には会わずじまいでした。結婚式はしていません。妻が再婚だからと遠慮したのです。

結婚生活はとても楽しいものでした。
このまま一生、妻と暮らして行くことに何の疑いを持つこともなく、和恵も私のことを
「お父ちゃん」と呼んでくれ、スクスク育ち周りからは幸せな家族とよく言われていました。
15年ぶり5-3
しかし、私と言う男はどうしょうもない男です。会社に若い女子社員がやって来ると、
目移りをするようになったのです。そして私の方から彼女を誘い、肉体関係を結んでしまい、
あとは坂道を転がる石のように、若くてピチピチした肉体に溺れていったのでした。
今から思うと何と浅はかなことだったことでしょうか。

妻は私が浮気をしていることを知っていたようで、何度か私に、
「浮気もほどほどにしなさいね」
とたしなめたりもしましたが、当時の私は、そんな妻の態度を姉さん気取りと受け取り、
憎々しげにおもっていたのです。本当に私は大バカ者でした。
やがて、私は家に帰らなくなり、若い愛人のもとへ走ってしまったのです。

   ◇    ◇

15年ぶりの妻とのセックス。どこか気恥ずかしくもあり、新婚時代のような新鮮さもあり、
そんな中、私達はまごつきながら愛し合いました。私は妻のすっかり萎れた乳房を持ち上げ、
シワの目立つ乳首を吸いながら、指で股間を探って見ると、そこはカラカラで、
ほとんど濡れていないのです。

「閉経したから・・・でも、入れて、大丈夫やから。章ちゃんのチンチン入れて」
ペニスを入れると妻の顔が痛みに歪みましたが、妻は、「大丈夫やから」を繰り返しています。
そして、重なり合っているうちに、私達は新婚時代のように燃え上がったのです。
15年間の空白を埋めるかのように。

「章ちゃん!ああ、章ちゃん!」
叫びながら妻が泣いています。涙を流して悶えています。
私も泣けてきました。涙を流して腰を振っていました。

夫婦生活の第二幕が開き、今年でもう五年たちました。
妻の15年に比べれば、まだ三分の一です。たった五年で15年の空白が埋まったとは
言えません。焦らずにゆっくりと空白の時間を埋めていこうと思っています。
そして、これからの私の人生、それはすべて妻のために費やしていこうと思っています。
END
  1. 2012/10/09(火) 18:11:42|
  2. 熟年夫婦の色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<15年ぶりに味わった涙と性の宴。其の四 | ホーム | 淪落主婦。其の一>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/346-a1265a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)