FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

花火が燃え尽きる前の様に。其の一

◇掃き留めの鶴
慶子と香1-1
性に溺れっぱなしの我が生涯の中に有って六十代半ばの時期が、
(前作「不良老人の私が恵美ちゃんにしたこと」と時期が重なるが)
最も溺れ方が甚だしく、その中身も淫らで、猥褻で、燗熟し切っていた。
それは大腸がんの手術とその後の糖尿病による勃起不全で性の不能者に成る、
私の最後の華やいだ性の一ページだったのかもしれません。

私が特別に性技に長けていた訳でもなく、
特別に逸物が優れていた訳では無いと思うのですが、
〇団地内のおばさん四名、
〇同窓会不倫の相手三名、
〇定年まで世話に成っていた会社の同僚(勿論女性)二名、
〇新規開店スーパーのレジ係一名、
〇最寄駅(京急南太田駅)の裏にあるスナックのママ一名、
しめて十一名のご夫人達とハメハメを遣ってのけていましたから、
自分でも信じられないくらいです。

スナックのママ富美子は当時四十歳。
スーパーのレジ係慶子は四十二歳。この二人が四十代で、
他のご婦人方は、六十七歳を最高齢に皆さん六十代ばかりでした。

スナックのママ富美子は、私と同じ団地の同じ階の五つ離れた室に住んでいます。
水商売が向いているのか、なかなか色っぽい女性で、顔立ちも妖艶です。
大分年下の茶髪の青年が、彼女の愛人らしく、足繁く出入りをしています。

廊下ですれ違っても、私のことなど見向きもせず、ツーンとお高くとまっている女性
だったのですが、最近急にキムチや何かを持って、
私の部屋に来るようになったのでした。
ol_ctv0713_46.jpg
一体どういう風の吹き回しだろう?と思ったら、
「おじさん、いいシナモノ持ってるんだってね。聞いたわよ。
 この団地の奥さん連中を、片っ端からそのシナモノにものを言わせて、
 総なめにしてるって言うじゃないの。どんなに良いシナモノか見てみたいわ」
と言いました。


その口振りの端々に、どうせ相手はオジンなんだからと言う私への軽視や、
他のオバサンに手を出す前に、何故、この団地では“掃き溜めの鶴”の様に
断然他を圧している美女の私の所に口説きに来なかったのか?
くれば勿論、ガチンと肘鉄を喰らわして追っ払ってやったのに。
この私をないがしろにして、他のオバサン達とハメハメに耽るとは不届き千万、
私の傷ついたプライドをどうして呉れるんだ?
という彼女の憤懣やるかたない思いが感じられました。

仕方なく?逸物を見せて差し上げたのですが、富美子は、
「あら、本当だわ、凄いシナモノしてるじゃないのよォ。
 これじゃ奥さん連中が夢中になるのもむりないわねえ。
 私だって変な気持ちになっちゃうもの」
と言いました。そして、
「ねえ、おじさん、お蒲団敷きなさいよ。オマンコさせてあげるから。
 私は滅多にこんな事は言わないの、私の気が変わらないうちに、
 早く言われた通りにした方がいいわよ。見なさいよ、このチンコを。
 オマンコしたくてしょうがないもんだから、こんなにおっ勃つて首振ってるじゃないのよ」
とも言いました。
犯された母20
私は二つ返事で布団を敷き、富美子を寝かせました。
パンティを脱がせて、見かけによらず毛深い恥毛を掻き分けて、オサネとオマンコを
タップリと嘗めくり回してやりました。大満悦の彼女は、オサネで気をイカせて、
四肢をヒクつかせること数回、
「ねえ、おじさん、ジラさないで、早く太いの入れてよォッ!」
とせがむ事も数回におよびました。あんまりジラし過ぎるのも考えものなので、
そこで結合をしました。

そうしたら、ご婦人方の中では一番若く、茶髪の、若い愛人が居るだけの事はあって、
メンテナンス(お穴のお手入れ)もおさおさ怠りなくやっているせいか、
彼女のオマンコの具合の良い事、味がまろやかな事、彼女の方も良いらしくて、
「ああーッ、これはいいわッ、やっぱり遣って良かったわッ、ああーッ、
 思ったよりずっといいわッ。ああーッ、これじゃ、チンコが良すぎて参っちゃうッ」
膣深奥部の急所へのマラ弾頭の直撃を、これでもかと喰らわせてやったのが
トドメに成ったらしく、
「ああ、イクーッ、ああ、イクーッ、うーわァーッ、うーわァーッ」
と、うわばみが焼き殺されるような、薄気味の悪い喚き声を上げて気をイカせたのでした。

他の六十歳以上のご婦人たちだと、大抵その一発でグッタリしてしまって、
二発目は一眠りしてからと言う事になります。ところが富美子は、絶頂の痙攣や
鳥肌がまだ収まらない内から、
「ねえ、おじさん、まだやめちゃいやよ。今みたいにして一杯イカせて」
とせがみました。

これも最年少の女の元気のよさの表れですが、
それプラス若い愛人の男に同世代の彼女が出来て足が遠のき、
チンポに飢えていたせいもあった事が後でわかりました。
犯された母07
「茶髪の若い彼氏と、どんなオマンコしてたの?」
と聞いてみたら、
「彼は、こればっかりやらせるの」
と言って、ある種のオナハメを、やって見せて呉れました。

私が胡坐をかいている上に、富美子が背を向けて座り、
結合をした状態で彼女がマンズリを掻くのです。
ズリネタは、目の前のテレビで繰り広げられている
洋物の裏ビデオの黒人のデカブツ男が、
豊満な白人女性の二穴を攻める毒々しいハメハメのシーンです。
しかし、テレビ台に立てかけてある鏡の方が、
それを上回るズリネタだったかも知れません。

そこに写っている私のチンポをアソコに咥え込んで、
オサネとオッパイを弄りまくっている自分の姿に、
富美子はうっとりと見惚れながら、
マンズリを掻く手を早めて行ったからです。

美人女性(自己愛が強い)には有り勝ちな事なので、
「いいなァー・・・、あんた見たいな別嬪さんが、
 そうやってマンズリを掻いてる姿を見ると惚れ惚れしちゃうよ」
と誉めてやったら、
「彼もそう言うわ」と言いました。

最後は、マンズリを掻きながら、腰も大きくグラインドさせて、
「ああーッ、最高だわッ、オサネもオマンコも両方良いから、参っちゃうーッ!」
と喚いて気をイカせました。そのあられもない姿は、まさに猥褻の極致でした。
  1. 2012/10/31(水) 02:01:05|
  2. 老いて益々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不良老人の私が恵美ちゃんにしたこと。其の三 | ホーム | 花火が燃え尽きる前の様に。其の二 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ayamegusa260.blog.fc2.com/tb.php/302-5c46809a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)