FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

恋い再び(恵美子バージョン)其の七

◇白日夢。其の一
浴室のセクシードール
夫婦交1-3
其の日恵美子は仲のよかった友人の三回忌の為に会津の温泉宿に泊まっていた。
法事も済み、親族達も引き上げて人心地ついた恵美子は、
冷えた身体を数奇を凝らした岩風呂にとっぷりと沈めた。

山間の段々畑の傍らの小さなため池の様な露天風呂が山肌に白い湯気を染込ませて、
岩間から懇々と湧き出て、野良帰りの農民の憩いの湯と成っている風景は昔と変わって居ない。

豊かに溢れる出湯が乳白色の湯気をたなびかせて、ほの暗い明かりの中で
五十路の坂を越えた女とは見えない脂の乗り切った張りの有る人魚の様な桜色をした
肉体のくねりが澄み切った湯の中に妖しく揺らいで居る。

乙女の様に豊かな乳の線、腰から尻に伸びる美しい曲線、
総てが艶かしく女盛りのたえなる匂いさえ伴うよ様な気さえ起こってくる。

近くを流れる小川のせせらぎが迫る外、落葉の音が、はらはらと聞こえる様は、
静けさの中で恵美子の胸が怪しく乱れて、夫に出会った頃の思い出が鮮やかに蘇って、
淫らなうずきが悩ましく、胸を突いて湯の中にうごめく己の身体を愛しく見守ると、
乳首がジーンと固く成って一層切なく、恵美子は湯の流れにも揺れる豊かな乳房を、
ひしと抱きしめて悩ましく身悶えた。

年齢から来る妖しい魅力が身体の隅々に漲り性の体臭が温泉の湯気と混じって
ムンムンむせ返る様に漂う。炎と成って燃え上って来る情炎は、乳を揉み、
太股をすり合わせ臀部をよじって、「あぁぁぁ・・・・」と吐息が口元から零れる。

恵美子の全身にうづく様な情感が流れ、
あの部分はカッカと火照ってむづ痒い戦慄に妖しく胸が高鳴る。

恵美子の脳裏には只、家に残して来た夫との妖しい性の営みの像景で満たされ、
昂ぶる欲情に耐え切れず、
辺りの気配を確かめてサーッと湯を浴びて、湯船を出た恵美子は、
赤く皮膚を染め、タイルの上にうずくまり息を鎮めておもむろに、くの字形に身を横たえ、
片手で乳首を掴み柔らかくコリコリと揉みひだき片方の手は静かに陰唇を割って撫で、
陰毛をすり上げ陰核をクリクリとくぢると性感帯の中で最も敏感な陰核は早くも
ピーンと張りピクピクと震え膣からは淫水がヌルヌルと流れ出る。

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 22:10:44|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の八

◇白日夢。其の二
夫の性技に溺れる恵美子
夢3-1
『恵美子!僕の方は未だ終わって無いよ』と夫は、
何度目かのアクメにグッタリしている恵美子の身体を引き寄せて、
股間を触らせて言った。

「アライヤダ・・・フフ・・・」
『嫌だって・・・じぶんだけ満足して終りかい』
「アラ・・・私だって未だ途中よ・・・ウフッ・・・」

誘う様に潤んだ目で見上げながら、彼の頬を撫でて
唇を求める様に突き出した。
夫が唇を静かに押し付けると、恵美子は両腕を
大きく絡ませて、その唇を貪り吸った。

女の情熱は口付によって、いやがうえにも掻き立てられてゆく、
切ない吐息が炎の様に成ると恥部が熱く疼いてくる。
女体こそは限り無い性の喜悦を求めて止まらぬものである。
『やすもうか』
「エェ・・・」
入れて、と言いたかったが恵美子には其れが言えず只頷いた。

仄かなビールの酔いと淡いスタンドの光に一糸纏わぬ逞しい
肉体が、恵美子の身体をねじるように横抱きに「落松葉」の体位で、
男に寄り添った恵美子の太股を高く突き上げ、
一物は例の如く彼女の陰唇に僅かに潜らせ、指先がその上に
ピヨコンと突き出した淫核を巧みにモゾモゾと弄り、
時々陰茎を抜き差してピクンと脈打ちだす度に
恵美子は、そのもどかしさに、陰門を擦り付けて男根を
一気に飲み込もうと焦り狂う。

夫の巧みな前戯は彼女の官能を掻き立て欲情をそそる。
「フッゥーン・・・」
亀頭を含んだ陰唇が少しづつ締め付けて来る。
赤黒く充血した亀頭がヌルヌルと少しづつ深く食い入って行く。
其の度に彼の一物は膣から滲み出る液体で滑らかな
動きとなって大きく動く。
そして其の男根は根元までビッショリ濡れて光っている。

再び彼女の性感が昂ぶり、息遣いも荒く、呻きと共に
腰が激しく動いて、夫の腕をつかんだ。
指先が痙攣して、爪先を深くその腕に突き刺してもがいた。
その時彼は淫核を弄んでいた手で高く上げた彼女の
片足のを膝の後をグッと押した。

尻の半分がグッと持ち上がり女体が後ろ向きの体勢に
変わると昌良は力を込めて腰を押し付け、男根を
根元まで食い込ませて、腰を一捻りした。

亀頭の先が子宮口をこね回すと、その亀頭を子宮口が
咥え込んだのではなかろうかと思われる程に
贓物が男根にまつわりつく。

捩れ、捲れた陰唇に挑んで急激に逞しいボリウームで
五回六回と突きまくると、恵美子は身を捩り、
歯を食いしばって、ヨガリ泣いた。

「アァァ・・・ウゥゥ・・・モ・・・ウ・・・ダ・・・メ・・・
 キタ・・・キタ・・・ワ・・・」

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 22:05:33|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の九

◇白日夢。其の三
伊東で暮らす日々(1)「この項、万屋恵美子記す」
01.jpg
私が恵美子と生活を共にしている静岡県伊東市の借家は、所謂4Kの純和風の家である。
二階の八畳の和室が二人の寝室で、広縁からは河津桜や八朔の木が手の届く距離にあり、
彼方の山麓にはハトヤホテルが見える。

明け方に再び欲情した私は恵美子の耳元で、
「恵美子....もう一度契りの儀式をするぞ、ん..いいか...」
半睡の恵美子は、すぐさま反応し、悶え....「あ..ぁぁぁぁ..あなたぁ...」
未明から私の恵美子の頬へ、耳、色艶にそそられての
うなじへの舌の二回目の濃厚な契りの儀式がはじまった
そして、滑らせた舌先で耳元まわりを突き、ゆっくり舐めながら
恵美子の唇を舐め吸うと、恵美子はすぐさま舌を出し絡めてきた。
その舌の動きと欲情した苦悶の様な表情の中、
にわかに頬に出来るほうれい線の延長の皺が妖艶で堪らない
欲情し、不全気味の自身の"一物、のそのモノ"が、かすかだが
硬直し、血流の良さを感じて居た。
この硬度は、恵美子は一番感じるという、それは、まさしく
神様が下さった私と彼女のふたりの"独特の相性"なのだろう。

「んぁ..どっぷりと..染まりたいか..ん?..どうだ」
「あぁ..ん..そ..んぁ..染まりたい..んんぁぁん..染めてぇ...
一生..んぁあん......あなたの・・んんぁ色にぃ..んん..
「染め続けてぇ...あ、んぁぁん...あ.あなたぁ....」
さぁ....頬を舐めてごらん....頬を舐めたら、次には...ん?」
「んーんぁ....これ...これが....感じる?..のよネ...」
恵美子は私の頬を のの字を描く様に舐める様が
いやらしい、そのいやらしさは、至極の快感である。
恵美子はねっとりと舌を絡めてくる

「んんぁ..んん..え..恵美子ぉ....放さんぞ...一生俺と...するんだ....」
「あぁん、アァァ貴方ァ..んん..キス..キスだけで...いぃ..んんうぁん...いっちゃうぅ.....」

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 22:00:05|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の十

◇白日夢。其の四
伊東で暮らす日々(2)
04.jpg
ぺったりと腰を落とした恵美子の陰門は、私のペニスを根元余さず咥え込み、
其の周りを厚く膨らんだ薄桃色の陰唇が纏わり付く。
私はさらさらした陰毛の手触りを楽しみつつ、親指の腹で、
陰口の一番上の所を撫で回した。
ポッチリ心持膨らんでいた恵美子の核がムクムクと膨れ上がっていく。
やわりやわりと動いていた恵美子の腰の動きが急に激しくなった。

『あ、あっ・・・あ、昌良さん・・・いい、いい・・・いいわ・・・
 オマンコ・・・私のオマンコ、ね・・・え、やめて・・・
 いじっちゃいや・・・やめてぇっ・・・・』
絶頂に近づいた彼女は、ぐっと前のめりに私の頭にかじり付き、
大きく腰を使いだす。最後の追い込みの騎手の様な、
荒い呼吸が私の耳を嵐の様に掠め通る。

陰唇に根元を咥え込まれ、膣内のへらへらした柔らかいヒダに、
雁先をくすぐられ、又恵美子のヨガリ声に私も激しい快感に浸ったが、
先程射精していたので次の準備は未だ充分では無く、
もう少しと言う所。顔の上に垂れ下がって居る乳房の先を口にして、
舌を絡ませ、チュウチュウ吸いつつ腰を動かす。
恵美子の方はそれでもう完全に頂点に達した。

『あっ・・あなた、まだ・・許して・・・許してね・・・
 わたし、たまらない・・・もう、もう、死にそう・・・
 あっいく・・・いく・・・・いく・・・・いくぅーっ・・・・』

最後の一声と共に、子宮の秘肉を震わせ、
陰口の周りからはネットリした糊水をほとばしらす。
誘い込まれて私は自分もイキそうなのを辛くも抑えた。
濡れた女の穴に根元余さず入り浸ったペニスは、
気をやる女の膣のヒダ肉のピクピクピクと微妙な痙攣を、
幾度か繰り返すのをはっきりと覚えた。

膣口から溢れ出た恵美子の淫水が、
私の股座をベットリ濡らしていた。

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 21:55:30|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の十一

◇白日夢。其の五
伊東で暮らす日々(3)
07.jpg
今日は愛する人の唇が直接そこを愛撫して呉れると言う、
再び男の欲情を喚起するためには、新しい装いが必要だった。
口紅、頬紅、眉ずみ、みんな濃い目にの妖艶に彩った。

化粧が終ると、ピンクのパンティを履き、同じ色のネグリジェを纏った。
長さは丁度太股の付け根までだ。半透明のネグリジェは胸元で結ばれ、
乳房を被っては居るものの、つんと突き上げた乳首は其の所在を示していた。

じっと立って居る時はその陰部を隠しては居るが、少し動かすと、
裾が開いて黒い茂みがチラチラし、揺れるヒップの動きもわかる。
女の持つ体の魅力を見せつ隠しつ、男の欲情を誘い出す為の最高の衣装だ。

「ほうっ」
一つの布団に二つの枕、艶かしく華やかな二人の閨を側に、
ピチピチとグラスを傾けていた私は、
浴衣をネグリジェに着替えた恵美子の姿に、歓びと感嘆の声を上げた。

ネグリジェの裾からむっちり白い太股が盛り上がり、
前が割れて内股のパンティが見える。
それはその下の肉の曲線を誇示するかのように、
女の下腹部に食い込んで居る。

私は手を伸ばして其の内股を掴んだ。
女の肉が掌の中でピクピク動いている。
「可愛がってあげるから、それも取っておしまいよ」
パンティの端を引っ張る。私はもう少し酔っている。
「ほら、僕もこの通りだ」
紐も締めない浴衣の前を広げると肉の棒が未だだらりと下がっている。

『初めから、余り剥き出しじゃ、かえって愛想をつかされやしないかと思って』
言い訳しながらパンティを脱ぎ、ついでにネグリジェの紐も解いた。

肩に引っ掛かけただけの薄布の前が開いて、
豊かな乳房が揺れる。ぬめぬめの脂の乗った下腹、
その下の甘い双曲線の中央を色取る黒い縮れ毛の茂みは広く濃く、
そそる様な女の匂いが漂い出でる。

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 21:50:05|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の十二

◇白日夢。其の六
伊東で暮らす日々(4)
10.jpg
私は先程からオマンコを吸うのを止めて弄って居る。
むっくり頭をもたげ、かたくなっ成っている淫核。
「これさっきより膨れてるよ」
『そう、それ男の人のアレと一緒なのよ』
「男のアレって・・」
『あれって、あれよ、知ってるくせに、ふふっ
 お、ち、ん、ち、ん、よ』
「じゃ、これは」
『お、さ、ね、・・いゃ、そんな事言わせないで・・』

私の指先が濡れ切った穴の中にぬめりこみ、
グチャグチャと掻きまわす。
「じゃ、ここは?」
『そこ、わたしのむすめ』
「娘は判ってるよ、名は」
『名は、名は、お、ま、ん、こ、』
「オマンコちゃんか、恵美子の娘はオマンコちゃんか」

短い指は奥まで届かず、周りの淫肉をぐじりまわす。
言い交わす露骨な隠語は互いに相手を興奮させ、
欲情は動物じみた執念で身体の一点で蠢く。
私の男根は益々太く逞しく、恵美子の陰門は膨れ開く。

『ねえーあなた!』
「なんだい恵美子」
『もう・・・こっち向いて!』
起き直って潤んだ目を見合わせる二人。どちらかともなく腰を寄せ合う。

恵美子が両膝を立てる。私は両足をその間にのばし、
やや上向いた恵美子の股座に雁先を進める。
「やっぱりこれが一番いいよ。恵美子のいい所がすっかり見えて・・・」

恵美子は片手を後につき下腹を押し出しながら、
右手で私の棹を掴んで陰口に当て、
『いいとこって・・・どこ?』
「どこもかしこも・・・おっぱいも大きいし、
 それに・・・このオマンコも」
私は手をのばし、膨れ上がった陰核を弄る。

「どうだった?ここのキッス」
『とっても!おさねしゃぶられた時、
 もうチョツトでいきそうだったわ・・・
 でも、やっぱりこれが一番イイ・・・』
つまんだペニスで膣の口をくるくる撫で回す。

『ねぇーぇ、もう・・・しましょーょ』
「しましょうよて何をするの」
『いやっわかってるくせに』
「判らないから聞いてんの」
『それはね』
「それは・・・」
『わたしのオ、マ、ン、コ、に』
「きみのオマンコに」
『あんたのオ、チ、ン、コ、』
「僕のオチンコを」
『い、れ、る、の』

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 21:45:48|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の十三

◇白日夢。其の七
伊東で暮らす日々(5)
恋13
『あぁ・・・あなた、あなた、まだ?・・・
 アァァまたイキそうよ・・・・おっぱいを吸って・・・
 お腰をつかって・・・早く、ねぇ、もっと早く動いて・・・
 イカセテ・・・オチンチンのお汁をかけて・・・』

途切れ途切れに喚きつっ、腰を持ち上げ持ち上げ、
子宮の口でくりくり亀頭を揉み立てては、きゅうっきゅうっと、
棹の付け根を締め付ける。私も今は最高潮。

「うぅぅ・・・あぁぁぁ・・・僕も、僕もイクよ、恵美子・・・
 いくよ・・・恵美子のオマンコに入れてやるよ・・・」
と股間の逸物に全身の精気を集め、どくんどくんと
子宮の奥にも届けと大量の精液を放出した。

『あぁぁ・・・いったのね、いったのね・・・
 あなたのオチンチンが熱いわ・・・
 嬉しい・・・オチンチンがピコピコする・・・
 あぁぁぁ・・・イク・・・またイクわ・・・・』

と精気を遣りつくした二人、恵美子の下腹に食い込んだ男の突起が、
鎹の様に二人の身体を結びつけ、蛇の様に手足をからめ、
唇と唇、肌と肌をぴったりくっつけ、そのまま暫く動かない。

『嫌ぁんー、まだ離れないで・・抱いてて、じっと抱いて、
 このまま動かないで・・・まだ、離れちゃいやよぅ』
暫くして私が離れようとした時でも、未だ恵美子は離れまいと、
両手で首を抱きしめる。

女は済んだ後でも余韻が長い、その侭ごろりと横どりの姿勢に成った二人、
恵美子は両脚を伸ばして、脱げそうになる私の雁首を、
離すものかと締め付ける。肥後の随喜の効果か、精を遣った後でも、
余り縮まないのが嬉しい。

横に成ったウエストが谷の様に落ち込んで、
急に盛り上がるヒップはまるで小山の様に見える。
峰の様に括れたその腰を私は引き寄せる。
じっとりと汗ばんでピッタリくっつく下腹、
快感の残りを余す所なく燃やし尽くそうと、
貪欲な程に男の逸物を咥え込んだまま離そうとはしなかった。

無限とも思える陶酔の時間が過ぎた。私は腰を引いて、
無上の快楽を与えてくれた恵美子の秘所から、そっとペニスを抜き取った。
仰向けに成った恵美子は、私の愛の雫を一滴も洩らすまいと、
太股に力を入れ腰をすぼめた。そのぬれそぼった草叢から、
枯れ草に似た性臭が漂い出て、
くすぐるように二人の神経をそそり室内に広がる。

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 21:40:21|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋い再び(恵美子バージョン)其の十四

◇白日夢。其の八
伊東で暮らす日々(6)
01-020000~ (44)
程なく恵美子の突起が其処だけ別の生き物の様に、固くなる。
むくれて弾け返った内唇の間から流れ出る愛液が容赦なく私の顔を濡らせば、
私の肉茎も又、恵美子の口中一杯に青筋立ててしこり出す。
お互いに愛し合う二人の吐淫のぬめり・・・
汚いとはいささかも思わず、吸いつ吸われつ、
女性上位のシックスナイン・・・それは男女の愛の極致だ。

そして更けて行く夜。
今はもう着衣も必要の無い真っ裸の雄と雌、
その白い肌と褐色の肌が紅い花模様の夜具を埋めて絡み合う。
口と口、胸と胸、下腹と下腹、そして雄の突起と雌の窪み・・・

四度、蘇った私のペニスは、湿った恵美子のヴァギナに出入りし、
鋭敏な女の粘膜を張り出て熱い男の亀頭に擦られて、
恵美子は身を反らして白い顎を上げる。
成熟した恵美子の女体は狂おしく燃え上がり、知る限りの、
閨房の痴戯をつくして痴態のあらん限りを振舞う。

『昌良さん・・うれしいっ、ねぇーぇ、ぐっと入れて、
 恵美子のオマンコ、もっともっと可愛がって・・・』
力一杯私に抱きつきながら、膣内深く入り込んだペニスを
夢中で締め付け、半泣きに成って催促する。

如何に強精食を摂り、栄養剤を摂ったにしろ、七十過ぎの私には限度が有る。
宵の間からの度重なるまぐあいに私のペニスは初めほどの強靭さは無い。
それを補うべく、恵美子は知る限りのあらゆる姿態を曝け出し、
精一杯の秘語を囁く、紅い絹夜具の上を絡み合ったままの白い肌が、
二転、三転し、四肢は異様な方向にもつれ合う。

どろどろの泥沼の中にもがき合う、獣の様に、愛欲の本能を焼き尽くした
素っ裸の肉交が終った後、恵美子の膣口から、混じりあった二人の性液が
溢れ出し、会陰を伝わって夜具まで濡らして居る。

一方私のペニスも白い糊水にベットリと濡れて異臭を放っている。
その匂いも普通なら不愉快な匂いかも知れない。
愛し合い共に欲情して居る時は異性を魅了する匂いだったのである。

汗と体液を絞りつくした情事の時間が過ぎ、僅かに下腹部をシーツに隠し
虚脱したような二人、枕元の常夜灯が脂の乗り切った白い肌を照らし、
盛り上がった乳房が一層光って上向きに張っている。
恵美子の肢体は年齢を感じさせない美しさだった。

昇り詰めた情欲の猛りが次第に冷えて、心地良い疲労と眠気が訪れる。
恵美子は私の唇に軽くキッスをして、
透き通ったネグリジェを上半身に纏い寝床を離れた。

...続きを読む
  1. 2015/10/16(金) 21:35:09|
  2. 恋再び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0