FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

不良老人の私が恵美ちゃんにしたこと。其の一

◇八畳一間◇
不良老人1-1
私の住む家の近くに、赤い電車の私鉄京急電鉄の“南太田駅”がある。
改札を出ると駅前に50年前から営業を続けているラーメン屋と喫茶店があるが、
その喫茶店でウェートレスをやっていた恵美ちゃんと、県道を横切る横断歩道で
信号待ちしている時に5年振りに再会したのだ。

3歳位の女の子の手を引き、1歳前と思える赤子を背負い日傘を差していた。
「あれ!恵美ちゃん、もうお母さんになってたんだ」
「あら、中谷さん、お元気でした?その節は色々お世話になりました・・・」
そう五年前のあの日、私が大腸がんで勃起不全になる前のあの日、
確かにお世話した記憶がよみがえってきた。

あの日は昼間から降り出した雨が夜になっても止まらなかった。
午後九時過ぎに書き上げた図面の感熱紙原稿をコピーする事と大封筒を買うために
激しく雨が降っている中を駅前のコンビニ目指して傘をさして外に出た。

私は目的のコンビニエンスストアに立ち寄って店内をぐるりと一巡しているうちに、
ドキンと胸が高鳴った。恵美ちゃんがいるではないか。私は声を掛けるのを躊躇った。
週刊誌のコーナーで、一人ぽつんと立ち読みしていたからである。

考えてみるとその日は第三月曜日、彼女の勤務先の喫茶店は定休日であった。
いつも薄紫色のワンピースの制服に白いエプロンをした清純そのものの恵美ちゃんが
女性の陰毛丸出しヌード写真やセックス体験記事がたくさん載っている週刊誌に
魂を奪われたように読みふけっていた。

私は大封筒を買うと、持参の感熱紙原稿をコピーする作業に移った。
コピーはコンビニの入り口付近に有、週刊誌は左側面に有ったから恵美ちゃんが
出て来ないと言うことはまだ読みふけっている証拠であった。
40枚ほどコピーした時に恵美ちゃんがコピー機の側を通りかかった。

「やあ、恵美ちゃん」
「あら中谷さん、コピーですか」
「そうだよ。恵美ちゃん、コピーはもうすぐ終わるから待っててくれないかい。
 どこか喫茶店でコーヒーでもご馳走しよう」
やがて私と恵美ちゃんはコンビニを出た。外はまだ雨が激しく人通りは少なかった。

「ねぇ、コーヒーくらいだったら喫茶店でお金使うことはないわよ。
 中谷さん、私のアパートに寄ってってよ」
職場である喫茶店では、常連客の私にことさらにつんつんした言葉を放つ
ウェートレスの恵美ちゃんとはまった別人のように愛想がいいのである。

...続きを読む
  1. 2012/12/02(日) 11:52:11|
  2. 老いて益々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不良老人の私が恵美ちゃんにしたこと。其の二

◇首を縦に◇
不良老人2-1
布団が敷かれた。
「本気で抱かれるつもりならショーツも脱いで裸に成ってごらん。俺も裸になるからな。
 それに恵美ちゃんは処女だったら出血するだろうから、
 シーッの下にはビニールを敷いておかないと敷布団までが血で汚れるよ」
話が具体的になると、恵美ちゃんの顔が緊張で引きつってきた。

その上に私がトランクスを脱いで巨大ペニスを見せたら、恵美ちゃんは恐怖の余り
失神するかもしれないので、恵美ちゃんにはショーツを脱がせたけれど
私はトランクスのままだった。

「恵美ちゃん、こっちにおいで」
私は布団の上に足を投げ出した姿勢のまま、恵美ちゃんを膝の上に抱かかえて、
最初はキスと上半身から攻めてゆくことにした。

恵美ちゃんは一糸纏わぬ裸体のまま、これまた裸体の男性に抱かれるのは
初めてらしくブルブル震えていた。
「恵美ちゃん。そんなに怖がらなくても良いんだよ。
 女性は誰だって一度は通過しなければならない大事なことだからね」
私はじっくりと恵美ちゃんにキスをした。

喫茶店では活発に行動していた恵美ちゃんが、歯をガタガタ言わせている。
首に掛けた銀色のロザリオの十字架のキリスト像がゆらゆら揺れる。
乙女の恥じらいが感じられる。やっぱり本物の処女らしい。

「舌を出してごらん」恵美ちゃんはおずおずと舌を出してきた。
私は一〇分間ぐらいは唇よりも舌と舌でじゃれあう舌キスをして、
気持ちを口に集中させる。
そのうちに私の手は隠密行動をとり、乳房を軽く撫でさすり始めた。

「恵美ちゃん、いいんだね。ご返事は?」
ついに恵美ちゃんは首を縦に振った。
予想通りに其処は溢れんばかりの粘液の大洪水であった。

最初は恵美ちゃんの秘裂全体をゆするように刺激した。
私が手を動かす度にピチャピチャという淫音が響いた。

...続きを読む
  1. 2012/12/02(日) 11:47:32|
  2. 老いて益々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不良老人の私が恵美ちゃんにしたこと。其の三

◇感謝の言葉◇
不良老人3-1
体を二つに折り曲げられた苦しい姿勢から開放してやるために私は
恵美ちゃんの足を伸ばさせて正常位に体位を変えた。
私はまだ腰を動かさない。

「恵美ちゃん。俺がゆっくりと腰を使うからね。
 恵美ちゃんもそのリズムに合わせて腰を持ち上げる練習をしてごらん」
恵美ちゃんは稚拙ながら腰を使い出した。
「そうそう、そうだよ」
子供が始めて畳みの上を歩き出す時のように、
女性が初めて腰を使った時は誉めてやらなければならない。

「痛いかい」
「ううん、痛くないわ」
シーッの血の滲み方を見れば、痛くない訳はなかった。
恵美ちゃんは私に心配をかけまいと健気にも痛くないと首を振ったが、
本当はやはり痛いらしかった。

私の十六センチはあろう巨大ペニスがピストン運動を開始すると、
懸命にその運動のリズムに応え様と腰を動かそうと努力している。
「なんだか少し気持ちよくなってきたわ」
「そうかい。セックスはだいたい気持ちが良いもんだ。
 沢山経験を積めば積むほど男の味が分かってくるよ」

高校を卒業してから親と離れて喫茶店でウェートレスとして働いて二年間
男性との浮いた噂も無かった信仰心篤いクリスチャンの恵美ちゃんにとっては、
私のペニスは性欲と言う悪魔ではなかろうか。

恵美ちゃんの処女の純潔そのままに染み出た粘液に濡れて桜色に輝く秘唇は
赤銅色の太棹がきっちりと嵌まり込み、安アパートの古畳がギュウギュウと
軋む音と共に、理性が少しずつ男の技巧にとろかされはじめていた。

「気持ちいいわ」
「そうかい。セックスの味が少し分かりかけて来たんだよ。
 この腰の運動をもっと続ければもっと気持ちよくなっていくんだよ」
「ほんと?私、早くセックスが巧くなりたいわ」

セックスと言う悪魔にとりつかれた恵美ちゃんは下から少し腰を動かしている。
「いいよ、いいよ。無理しなくて。まだ痛いんだろう」
処女の血液に赤く染まったシーッの上で、私は眉をしかめる恵美ちゃんを
いたわりながらも情熱の波が高まるのを待っていた。

...続きを読む
  1. 2012/12/02(日) 02:38:23|
  2. 老いて益々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0