FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

時の流れる侭に、其の一

私万屋太郎が官能小説を書く切っ掛けになったのは、自伝的小説の
「あの日あの時」  「母の体を担保に」を書いた事に始まります。
そして8年(小説の中では45年)が経過し古希を迎えた、伊佐雄と芳江。
母の美代子は15年前に85歳で他界、
晴海にも孫(伊佐雄と芳江には、曾孫)が出来ました。
母、美代子を忍び書き上げたのが、この小説です。

出会った女2-1
私伊佐雄は、昭和41年6月に、子供の頃から、
「恋焦がれていた」実母の美代子と「男と女」の関係に成った。
私伊佐雄が23歳、母美代子は51歳であった。
そして昭和42年、私が24歳、母が52歳の時の春で有った。

近所に住む中学生時代の同級生、文子が同じく同級生だった
石川芳江を伴って我が家にやって来た。
石川芳江は隣町内に住む女で、卒業以来逢っていないのだ。

一方文子は私の住む町内で居酒屋を営み、昔から人の世話を
するのが好きな親分肌の女で在る。

石川芳江の傍らには二歳ぐらいの女の子が寄り添っていた。
芳江は身長が165センチは有ると言う長身で恰幅が良く、、
中学時代のあだ名は「女関取」と呼ばれていた位の、大柄な
女で有る。
そんな女が何故、私の処に来たのだろうか不思議に思って居ると、
文子が語り始めた。 

芳江が連れている子は晴美と言って二歳八ヶ月で八月には、
三歳に成ると言う。晴美の父親は誰なのか特定出来ないと言うのだ。
芳江は以前、暴走族に加わって居て、複数の男と性行為が有り、
妊娠しても気が付かなかったという、元々身体が大きく妊娠して
腹が膨らんで来ても「チョツト太った」位にしか思って居なかったらしい。

やっと身体の異常に気付き医者に見てもらったら、既に妊娠六ヶ月
に入っていて中絶は無理だと言う事だった。妊娠した時期の事を
考えると相手は、当時族のリーダーだった男らしいのだが、その男は
交通事故で死んで仕舞い、他の複数の男達も「誰一人責任を取る」
奴は居なかったらしい。

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 08:03:11|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其のニ

お母さん112
私は伊佐雄の母美代子です。夕べ伊佐雄から思いがけない話を聞き、
色々考えて居ると一睡も出来ず、夜が明けてしまいました。
母と息子で有りながら、超えては成らない一線を越え「男と女」に成って、
一年が立とうとしています。

若くて精力家の伊佐雄の事です、
私みたいな婆ちゃん一人で満足している筈は無い、と判っては居るのです。
でも、いきなり「俺には子供が居る」「認知するから」何て言われるとは、
思っても居ませんでした。
私だって10歳若ければ「伊佐雄の子」を生みたいと思う事もありました。

息子の子種で「子を身ごもる」何て、許される事では有りませんが、
私は親では無く、女として伊佐雄を愛して居るのです。
女は愛する男の子を生みたい、と思うのは本能では有りませんか。

閉経して仕舞った身体が悔しいです。52歳位ならホルモン療法で生理が戻る、
と何処かで聞いた事が有ります、できる事なら私ももう一度、子を生める身体に
戻りたい、そして伊佐雄の子を生みたい。

其れほどまでに思って居るのに、伊佐雄たら、本当に伊佐雄の子供かどうかも
判らない子を認知して、面倒を見ようと居のですから、私は気持ちの整理が
出来ません。

興信所に頼んで相手の芳江さんの事を調べて見ようかとも、考えて仕舞うのです。
でもそんな事をしたら、伊佐雄は怒ってこの家を出て行くかも知れません、
今伊佐雄に見捨てられたら、私は生きて行けません、夫の作った借財も、
伊佐雄が肩代わりして呉れて居るのです。

伊佐雄は優しすぎるのです。困っている人間を放って置けないのです。
だから私は伊佐雄が良かれと、思ってする事を黙って
見守るしかないのかも知れません・・・。

「かあさんおはよう」と言って伊佐雄が起きて来ました。
「如何したの、目の下にクマなんか作っちゃって、
 夕べは眠れなかったのかい」
「そうよ、突然あんな事言われたら、眠れるわけないでしよう」
「俺だってビックリしたよ、でも娘(晴美)の顔を見た瞬間
 俺の子かも知れないと確信したんだよ」
「眉毛や鼻の形が俺そっくりなんだよ」

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:53:52|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の三

お母さん147
母の奇襲攻撃で朝からセックス責め遭った私はニ発も抜かれてしまいました。
凛として躾厳しかった嘗ての母は何処に行ったのでしょう、今は性欲の赴くままに、
息子のペニスを貪る一匹の牝と化してしまったようです。
しかし、それは私の望む姿であり、子供の頃から描いていて私の夢だったのです。

今更母を捨てて他の女を抱く積りは有りませんが、男の身勝手と言われる
かも知れませんが、母も私の女として愛し続けながら、私の子を生んで呉れる、
女をも愛したいのは、生命保存の本能では有りませんか。

「母さん、そろそろ芳江が来る時間だよ、
 まさかこんな格好見せる訳にはいかないだろう・・・
 風呂沸いて居るんだろう、 一緒に入って母さんの身体俺が、
 洗ってあげるから、さっぱりしたところで、身支度してくれよな」

母は頷いて下着類をタンスから取り出し、裸のままで風呂場に向かいました。
私も後を追ったのは、言うまでも有りません。

朝10時きっかりに芳江は娘を連れて我が家に遣って来ました、
手には母が大好きな和菓子の包みを抱えて。
勿論私が事前に母の好物を教えて置いたのでしだ。

芳江と娘を居間に招き入れた母は、一通り芳江と娘の身なりをチェックする様に
眺めている。私は「母さんジュースか何か持って来てよ」と言うと、
「あぁそうね、お嬢ちゃんは、ホットミルクの方が良いわよね、
 伊佐雄と芳江さんはコーヒーで良いでしょう」と言って台所に立って行った。

私は芳江に工場での遣って貰う仕事の説明を一通りしてから、一番大事な
今後の事に付いての話に話題を進めた、その時には母も私の隣に座っていた。

我が家には、父と母、そして東京と埼玉の大学に通って居る妹と弟が居る事、
父はマンションの管理人を遣って居るので家に帰って来るのは週末だけで、
平日は「母と私」だけが此処に住んでいる事、等を話して聞かせました。

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:51:16|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の四

ce0b16eb.jpg
工場に付いてから、仲間達に芳江を引き合わせた。
男ばかり4人で始めた工場だが、
4年目の今年は従業員はパートも含めて、
20人程に成っていて、事務量も増えて来ていたのだ。
芳江には私のアシスタントとして、事務全般を任せる事にした。
細かい雑用から開放されれば、私は設計や製造に、
専念出来るのである。

是は芳江が私の元で事務全般を任せて、
暫く経ってからの事で有るが。
大柄な体躯と、何時もニコニコしている雰囲気から、
芳江の性格は細かい事には気配り出来ない大雑把で、
繊細な事は期待出来ない女だと思っていた。
何しろ自分が妊娠したのにも気付かず、
六ヶ月もほったらかして居たと言うのだから、
そんな先入観で芳江を見ていたのだが、
実際の芳江は全く違っていた。

何しろ記憶力が抜群で、
客先の電話番号は其の日の内に覚えてしまい。
従業員が独身であれば、住所や生年月日も総て記憶し、
家族持ちで有れば妻子の生年月日も含めて記憶してしまうのだ。
その後家族を含めた誕生日には、必ず何かをプレゼントするので有った。
主だった取引先の社長や役員、担当者の誕生日も総て記憶して
しまう程で有った。

工場を案内して、我が家に戻って来たのは、
家を出てから二時間ほどの事であった。

「あら、もう帰って来たの、晴美ちゃんは今寝たところよ」
「可愛いわね、お母さんが居なくとも泣きもせず、
 私と遊んで居たのよ、眠くなってからは、私の
 オッパイ欲しがってね、出もしないオッパイを吸いながら
 眠ってしまったのよ」

「お世話を掛けて、すみません。何時も寝る時には
 オッパイ飲ませながら、寝かせ付けて居るものですから」


...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:48:10|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の五

201406251635480aas.jpg
私は石川 芳江です。
伊佐雄さんとは中学生の時二年間同じクラスの
同級生と言う間柄でしたが、特別仲が良かった訳でもなく、
ましてや「男と女」を意識した関係では無かったのです。

其れまでの私は、伊佐雄さんの存在さへ知らなく、
卒業アルバムを見ても、
あぁ此処に居る人が伊佐雄さんだったんだと言う、
程度の認識か無く、同窓会で会っても、
親しくお話をした事は有りませんでした。
今回は同じ同級生の文子さんに、
就職の相談に乗って貰って居たら偶々、
「前田伊佐雄君に頼んで見よう」とご紹介されたのです。

それが僅か二日の間で私の運命を変えてしまう程の
お話に進展してしまうとは「運命」とは不思議なものです。

私は子供の頃から身体が大きくブス顔だったので、誰も女としては、
扱っては呉れませんでした。18の時から不良グループに入って居て、
タバコや酒を飲み、不純異性交遊に耽っており、誰の子かも判らない
娘を出産してしまったのです。両親や姉妹からも見放され、
只一人の私を気遣って呉れた祖母にも死に別れ、家からも追われて
途方に暮れていた時に伊佐雄さんを紹介されたのです。

伊佐雄さんは私が今までに出会った同世代の男とは全然違う
タイプの男性でした、未だ24歳と言う若さなのに、立派に会社を
経営していて、社会人として自立した大人でした。

私の周りには「親のすねをかじり」遊び回る男か、
親の仕事を次ぎ二代目を気取り「格好良いクルマ」を乗り回すけど、
中身が全然無い男ばかりで、一代で会社を興し汗水流して
働いている伊佐雄さんの様な男性は知りませんでした。

私は一週間ほど一緒に仕事をしてみて、彼の優しさと真面目さ、
そして仕事に打ち込む真摯な態度、
そして「夢」に掛ける情熱にすっかり、惚れてしまいました。
そして私は彼を男として受入れる準備が出来て来て居たのです。


...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:44:05|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の六

オナニーを覗いた叔母3-2
彼が私の足首からパンティーを抜き取ると、
私を抱き上げ、彼がソファーに座り対面座位の形で、
彼のペニスを私の膣の中に挿入して呉れました。

私は乳房を口に含んで貰え、私の腰も自由に動かせるこの体位が好きです。
「ううっ・・・うっ・・・うっ・・・」私の中で彼のペニスが擦れます。
カリの部分が私の肉ヒダに引っ掛かり摩擦を感じます。
「はっ、はっ、はっ、ハァ、ハァ、、、、ハァ・・・」
「芳江・・感じて居るんだね・・俺の・・俺のモノで・・」
「凄くいいわ・・・・」
「オッパイもしゃぶって・・・」
「ンンンンッ・・・・ウグッ・・・」私の上半身が痙攣のように波打った・・

彼はペニスを一番深いところまで挿入してそこで動きをとめた・・・・
彼は私の乳房への愛撫に集中した。
「んぐっ・・んぐっ・・・・んんんんんっ」首を左右にイヤイヤするように振って・・・

腰は無意識にもかからわず、左右前後に動いている。
「動かしてほしいんだね・・わかったよ・・・うごかすよ」
「ヒィイィィッ・・・・」悲鳴が漏れた。
「はうっ・・はうっ・・・ンンンン」
膣の圧が段々キツくなり彼のペニスを締め付ける、
私に絶頂感がおそってきた・・・
「アアっーーーー気持ちいいわ・・・イキソウ・・・・」

「仕上げはバックで遣ってあげるから、ソファーに手を付いて四つん這い
におなり」私は伊佐雄さんの言われる侭に、四つん這いになって、
お尻を突き出すように伊佐雄さんに向けました。

彼は既に濡れ濡れの秘部に、指を二本まとめて差し込んだのです。
「あぁぁぁぁ・・・・」私は又もやうめき声を上げて、腰をくねらせます。
膣の中に入った二本の指はGスポットを探り当てる様に徘徊する。
「あぁぁあん・・・そこよ・・そこ」私は激しく悶えます。
「芳江、ここが良いんだね、ここが感じるんだね」
伊佐雄さんは其処を二本の指先で摘むように、時につっく様に刺激する。
「あぁぁぁ・・・欲しい・・・伊佐雄さんのペニスが欲しい・・・」
伊佐雄さんは散々Gスポットを弄り回した後、
ギンギンに勃起した逸物を私の膣口に宛がった。

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:36:09|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の七

3-2.jpg
昭和42年8月、私達に新しい妻が加わった。
私の中学時代の同級生、芳江24歳である。
芳江の実娘晴美3歳と共に入籍し、
晴美は私の「長女」として戸籍に載った。

一夫一妻の我が日本国の法律では一夫多妻は公には認められない。
ましてや、実母を妻とする等、有るまじき事、と非難されるだうが、
「母子相姦」は無い話では無かろう。閉経して居る妻美代子には、
私の子を望む事は出来ない。子を生み子孫を残す為には、
全く血の繋がりのない赤の他人の芳江に期待するしか無いのだ。

世の中には「嫁と姑」の仲が悪く家庭不和に成り、夫婦仲は良くとも
「離婚」してしまう、と言う話を聞くが、我が家では「変則的な関係」乍
美代子と芳江の仲はすこぶる良好で有る。
近所の人達からも「本当の母娘の様だね」と言われる程に仲が良いのだ。

家庭内の作業分担もスムーズに行われている。朝食は芳江が作る。
昼間の芳江は私の工場の事務全般を任せて居るので、
掃除・洗濯などの家事全般は母美代子に任せて居る。
芳江の肌着も私の肌着も母美代子が総て洗濯してくれる。
夜は母美代子と芳江が一緒に台所に立つ事も有るが、
仕事が忙しい時は、美代子が晩御飯を作って待ってて呉れる。
娘晴美の世話は殆ど美代子任せで今では、
どちらが母親か判ら無く成るほどだ。

性生活は二人に不満が出ない様に、私は気を使っている。
美代子とのセックスは週一度、芳江とのセックスは一日おき位か、
美代子を余り刺激しない様にと、芳江とのセックスは会社の事務所の
ソファーの上だったり、帰宅途中でラブホテルに寄ったりと、
家でのセックスは滅多に遣らなかった。余り大きくも無い我が家は、
母の寝室は二階に、我々の寝室は一階に有るのだが、
耳を澄ませば、あの時の声が聞こえてしまうのだ、それ故に芳江との
時は成るべく母の居ない時を見計らって遣るか、外で遣るしかないのだ。

そして「嫁姑」が仲良く居られるキーワードは、月一度程度に行われる、
美代子・芳江そして私の3Pだろう。その時は美代子はS、芳江はM、
に成りきって楽しんで居る。

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:32:35|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の八

m3-3.jpg
昭和42年8月25日に婚姻届を提出して正式に私と芳江は夫婦と成った。

昭和40年代は日本は東京オリンピクを契機に高度経済成長をひた走っていた。
私の会社も仕事は「黙っていても向こうから遣ってくる」状態で、時間外勤務が
通常勤務時間を越える事がしばしば有った。

若い私は皆の先頭に立って一日16時間は働いた 。それ程働いても妻との
セックスは週三回、母へのサービスも週一は欠かさずに行っていた。

仕事が余りにも忙しいので、私は家に帰らず、工場の事務所で寝る事が屡有った。
そんな時は芳江は夜10時頃に成ると、娘晴美を寝かせつけた後、夜食を作って
工場に持って来てくれた。そして時には仕事を手伝ったり、伝票整理をしたりして
12時に成ると夜食を二人で食べるのである。そして食後には事務所の中で、
スカートを捲り上げパンティを膝の処まで下ろした形で前戯も愛撫も無い、
私のザーメンを受入れるだけのセックスをして家に帰って行くのだ。

私の性欲は自分でも呆れるほど旺盛で有った、人の倍位働きながらも性欲が
衰える事は無かった、時には日中でも催して来ると、
昼休みを待ちかねて妻を工場近くの雑木林に連れ込んで、「青姦」を遣ったものだ。

世の既婚男性が「仕事で疲れている居るから」と妻女とのセックスを避ける様だが、
そんな事は私には考えられない「肉体疲労」は寧ろ性欲を増進させるはずだ。
私の経験では、資金繰りに困窮した時など精神的ストレスが溜まった時は、
セックスはしたくないと思うのだが、そんなストレスを発散させてくれるのもセックスだ。

しかし私は母と妻以外の女性に手を出した事は無い。
愛情の伴わないセックスはしたいとも思わない。愛する母や妻が私の愛撫や挿入で
恍惚の表情をして呉れるのが嬉しいのだ、単に性欲が満たされれば良い訳ではない。

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:26:36|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の九

059.jpg
満足した芳江は後始末をしながら、言うのだ。
「今日ね、お医者さんに行って来たのよ、 
 貴方の赤ちゃんが授かったのよ」
「えぇぇ、本当かい、それで予定日は・・・」
「来年の五月10日頃だって」
「母さんには話したかい」
「えぇ、凄く喜んで呉れたわ」
「そうかよ・・・よかったな、身体労われよ・・・」
私に始めての子が出来たのだ。

芳江から妊娠を聞かされたあくる日の朝、母は台所で朝食の仕度をしていた。
芳江が我が家に来てからは、朝は母より早く起きて朝食は芳江が作り、
昼と夜は母に遣って貰う様なルールが出来ていたのだが、
「子供が出来ると女は幾ら寝ても寝たり無いのよね、
 朝も私が遣ってあげるから、ゆっくり寝ていなさい」と気を使って呉れるのだった。
芳江は恐縮して、
「すみません、まだつわりも有りませんから、朝は私が遣ります」
と、此方も気を使っている。

私は母へのリップサービスの積りで、母の背後から胸に手を当てて乳房を揉んだ。
「朝から何遣ってるの、しかも女房の見てる前で・・・」
「芳江には夕べ遣ってあげたから良いんだよ、
 今夜は母さんの相手して上げるから寝室で待ってなよ」
こんな会話が臆面も無く交わせる我が家は異常だろうか。

芳江も気にも止めず母と並んで朝食作りに勤しんでいた。

私は朝7時には家を出る、誰よりも早く出勤して、誰よりも遅く帰るのが
私の習慣に成っている。芳江は晴美を保育園に送り届けた後で、
工場に来るから10時頃になる。保育園への「お迎え」は母に頼んで有るのだ。

私は夜八時まで仕事をして家に帰った、何時もは出迎える母は出て来なかった。
私は晩飯を食べ風呂に入って十時ごろ母の寝室に行った。
芳江は嫉妬する事も無く「頑張ってね、でも頑張り過ぎないでね」と
訳の判らない事を言って居る。
「余力を残しておいて、その後私にも・・・」と言ってる様にも思えた。

...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:22:54|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の十

時の流れ13
ペニスの先端で奥の子宮をググッと突き上げると
「アアーーたまらないワー・・往く・・・往く・・・
 伊佐雄も、いっしようにイッテェ・・・」
私のペニスも限界を迎えたようです。ピストンの動きを早めます。
「イクーーイクーーーアアーーアアーー」「私もイクョーーイクイクーーアアーーーイクーー」と
母の中に射精しました。母さんは気を失ったのか、全然動きません。
私も母の上に重なって暫くじっとして居りました。

暫くして目を開けた母は、
「伊佐雄、重たいわ・・・」と言って私の身体を押しのけました。
「母さん、気付いたんだねね、お風呂に入っておいでよ、
 俺も一緒に行って身体洗ってあげようか」

「うん、伊佐雄、母さんを抱いてって・・・」

「わかんったよそれじゃ一緒に入ろう」

私は母を抱き上げて風呂場に向かいました。風呂場に行くには、
私達の寝室の前を通らねばなりません、芳江は未だ起きて私の帰りを
待って居るのだろうかとチョツト気に成る瞬間でした。

お風呂に沈んでからも、母は私の手から離れようとしません。
私は母の乳房やオマンコを触りまくります。
母は目を瞑って其の感触を楽しんで居る様です。

母の身体を綺麗に洗ってあげ、新しいパジャマに着替えさせて、
母が寝付いたのは午前零時を回って居りました。

そして私の寝室に戻り芳江の寝ている横に身体を滑り込ませると、
芳江は黙った侭で、私にしがみ付いて来ました。
芳江のパンティは下のほうが薄っすらと濡れて居りました。


...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:17:48|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れる侭に、其の十一

夏目なな02
「おかあさん、一緒にお風呂に入りません、お腹の赤ちゃんが
 動くのが判るんですよ」と、義母を挑発しました。

「あら、もうそんなに大きく成ったの、
 お腹の赤ちゃん触って見せて」と母はお風呂場に行く事を承諾しました。

お互いの裸を見せ合うようにし乍、義母は私の乳房に触れてきました。
「お乳が良く出そうな乳房ね、乳輪も発達して盛り上がってきてる様ね」
義母は乳首を摘むようにして引っ張りました。

「処で伊佐雄との性生活は美味く言ってるの、
 妊娠は病気じゃ無いのだから、安定期に入ったら、
 セックスも普通に遣って良いのよ」
「寧ろ夫の愛を受入れる事で、精神的な安定を保つ事が、
 胎児にも良い影響を与えるのよ」

「そうですか、今までは妊娠したらセックスは控えなければ
 と、思ってました」

「つわりや、おりものが多い時はその気には成れないわよね」
「でも芳江さんの母体が丈夫そうだから、寧ろ欲求が
 強くならない」
「私も伊佐雄を生んだ時は、農家だったから、野良仕事も
 休まず遣ってたし、夜のお努めも産み月まで遣ってたわよ」

「芳江さんが構って遣らないなら、私が変わって遣っても良いわよ
 アァハァハ、それは冗談よ・・・」

言いえ私は義母(おかあさん)には負けませんよ、仕事だって頑張ってるし、
セックスだって今まで通りにして見せますよ。と言いたい気持ちでした。


...続きを読む
  1. 2014/10/26(日) 07:14:33|
  2. 母と妻と私の三角関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0