FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

加筆再構成・嫁と舅、其の一

この作品の初稿は7年前に書いたものです。
37歳の女03
私小枝子は32歳の子持ちの主婦です。
夫は35歳の技術職、
子供は五歳の長男、三歳の長女、
三番目の子は生まれて六ヶ月の女の子、

この話は夫が札幌に長期出張で留守に成っている時の事です。
夫の出張が決まった日、長男と長女が発熱し、
夜間診療所で見てもらった所、
インフルエンザで腸炎を併発している、
入院させた方が良いとの事でした。

病院は近くの総合病院が有るので、
翌朝早速入院の手続きを済ませたのですが
病院から
「未だ小さいお子さんなので、誰か身内の方の付き添いが必要です」
と言われました。
乳飲み子を抱えていては私も24時間付き添いはして上げられません。
それに八ヶ月の子に病気が移るのも心配です。

こんな時に限って夫は出張になってしまうのです。
誰か交代で病院に付き添って呉れる人は居ないかと思案したのですが
私の実家は東北の秋田です、
急な事なので夫のお父さんに応援を頼みました。
義父は自営業で時間の遣り繰りの付け易い人なので、
快く引き受けてけれました。

昼間は義父が病院に夕方まで付き添って貰い、
その間私は家の掃除、洗濯、義父の食事の用意等をして
その合間に2,3回病院に様子を見に行くと言うローテーション
夕方から朝までは義父に末の娘を見てもらう事にしたのです。
幸い末の娘はお腹が一杯に成って居れば夜は殆ど寝たきり、
オムツの交換とミルクの作り方を教えて置けば
義父でも見ていられる子でした。

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:55:17|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の二

佳代子の告発18
義父に揉まれ続けていた私の乳房は、内部のお乳も出切って来たのか、
かなり軟らかく成ってきました。
義父は軟らかくなって来た乳房の乳輪を浮き上がらせるように、
一層強く揉み上げます、そしてお乳がピューピューと飛び出す度に
私は「あぁぁーーー、うぅぅぅーーー」とあられもない呻き声を上げていたのです。

「義父(おとうさん)もう良いでしょう、余り強く揉まれると痛いわ」
「お父さんの、オチンチン手でしてあげるからズボン脱いで」

義父は私から離れるとシャツを脱ぎ、ズボンを脱ぎました。
ブリーフの前はモッコリと盛り上がり今にも飛び出しそうに成って居ました。
私は義父の前に正座して座り、両手でブリーフを押し開きペニスを引き出しました。
私の目の前に現れたペニスは亀頭の部分は完全に露出してカリが張り出し、
太く黒々としたペニスでした。指で触れた感じでは長さ硬さはでは、
夫の方が勝って居るように感じましたが、
亀頭のカリの部分は夫より立派に見えます。
私のあそこがジュワっと溢れてくるのを感じて仕舞いました。

「お父さん、子供達の為に駆けつけて来て呉れたお礼に、
私がお口と指で出してあげるから、今日の処は是で帰って下さいね」

「判ったよ、こんな事は誰にでも頼める事じゃなし、お前には申し訳ないなが
溜まりに溜まったスペルマをお前の口で飲んでくれるかい」

「良いわよ、此処までしたからには、私も後には引けないわ」

私はフェラには自信が有った、夫と結婚する前に付き合っていた何人かの
男も夫も、皆私のフェラには5分と持った男は居なかった。
義父にも早くこの場を終らせて貰いたいので、私のフェラテクで
早々に済ませて帰って貰おうと思ったのだ。

私は片手をペニスの根元に添えて、ゆっくりと亀頭を口の中に入れた。
義父は私の肩に両手を宛がい目を瞑って直立の姿勢で立っている。
私の舌が黙っていても亀頭に絡み付いて行くように感じた。
ぞくぞくするような快楽が這い登ってくる。
此の儘では私が快楽に溺れて仕舞いそうに思えてくる。
「ヤバイ早くいかせて仕舞わなければ」

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:50:59|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の三

乳母3-2
私は小枝子の舅武雄と言います。
60歳を過ぎて“老いらくの恋”と申すのでしょうか、
嫁の小枝子に溺れて行く私の男を抑えきれなくなって仕舞ったのです。

「後悔はしない」と言う小枝子を抱きしめて、倒れこむ様にベットに
入った二人は雄と雌に成り切って、互いの身体を貪り尽くしたのです。

私はベットに横たわる小枝子の股間を覗きこみ、大陰唇を押し広げ、
「小枝子のオマンコの中、ピンク色できらきら光って居るよ」

「あぁぁーー見られてるのね、私のオマンコの中、見られてるのねーー」

小枝子はオマンコと言う言葉に敏感に反応した、ジュワーと愛液が
溢れてくるのが判る。

「もっと良く見て下さい、私のオマンコ綺麗ですかーーー」
「見られるだけで感じちゃうーー」

私は小枝子の中心部に口を付けた。
「あぁぁ・・」と呻き声を上げて小枝子は腰を持ち上げる。

「お父さん・・私クリが感じるの、其処を舐めてーー」

「此処が感じるんだね、此処が良いんだね」

私の指先で薄く被った幕を剥ぎ、
舌先が小枝子のもっとも敏感な真珠を刺激する。

「あぁぁうぅぅぅ・・・・」

小枝子の背中が反り返る

「小枝子感じるかい、気持ち良いかい」

「凄く感じるわ、凄くきもちいぃぃーーもっともっと強く擦ってーー」

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:45:49|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の四

涼子2-3
私は小枝子の片方の乳首を含み、もう一方の乳房を片手で揉み解し
アナルとオマンコに入れた指の動きを早めた。
私の口の中には生暖かい乳汁が流れ込んでくる、
手で揉まれている乳首からはまるで噴水の様に乳汁が飛び出してくる。

「あぁ・・・ひいぃ・・・いぃぃ・・・凄く気持ち良いです・・・
おかしくなりそう・・・小枝子はもうだめ・・・・おかしくなる・・・・
いっちゃう・・・いっちゃう・・・おとうさんもう許して・・・
あぁぁぁぁ・・・・だめだめ・・・
いっちゃう、いっちゃう・・・あぁぁ・・・・いく、いく、いくぅ・・・」

小枝子は全身を痙攣させて、是までに味わった事の無い絶頂感に
達して気を失った。

「小枝子のオマンコも凄い収縮力だよ、お前は名器だね」
「息子はこんな小枝子を開発しきれずに居たのか」

私は我慢し切れなくなって、血管が浮き出たペニスを小枝子の
膣口にあてがった。
すると小枝子の大陰唇は亀頭を包み込む様に動き、
ペニス全体を膣内に飲み込もうとする。
其処は意識の無い小枝子とは別な生き物の様に蠢いているのだ。
私は脈打つ肉ヒダの感触を味わうようにペニスを挿入した。
小枝子は股間に熱い鈍痛の様なものを感じで意識を取り戻した。
股間から全身に再び快感が広がっていく。

「おとうさん、優しくキッスをして下さい」

私はペニスを挿入したまま、小枝子を抱き上げて対面座位の形に成った。
小枝子が腰をくねらせるたびに私のヘアーと小枝子のヘアーが擦れ合い、
クリトリスを刺激するのだ。そんな状態の中で私は、
小枝子の顔を引き寄せて、その唇を押し開き舌を差し入れた。
小枝子の舌が私の舌に絡みつく、
互いの唾液を飲み干し唇を離した時には、
小枝子の膣内は愈々熱さをまして愛液を溢れさせていた。

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:40:20|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の五

2307e7bd-s.jpg
小夜子は衣服を整え、ベットのシーツを新しく取り替えて、
汚れた下着とシーツを洗濯機の中に放り込んだ。

「おとうさん、私是から病院に行って来ます。
母が来ているので、お昼の食事を食べさせて来ますね。
お父さんは夜までに帰れば良いんでしょう。
二時間程で帰って来ますから、待ってて下さいよ、
帰っちゃ嫌ですよ、今日はもう一度抱いて下さいね。」

「冨美子(赤子の名前)は如何するの、私が見ていようか」

「私が連れて行きます、お父さんは食事をしてゆっくり、
テレビでも見て待っててください、
ビールとおつまみも冷蔵庫に入ってますから。」

小夜子はミルクを作って、そそくさと出掛けて行った。
私は冷蔵庫からビートと乾き物のつまみを持ってきて、
テレビを付けた。
歳なのか一度射精すると疲れる、ビールの酔いも重なって、
私は何時しか寝込んでしまった。
小一時間寝込んだのだろうか、小夜子に揺り動かされて
目が覚めた。

「冨美子は如何したの」

「冨美子は寝てるだけですから母に預けて来ました」
「夕方迎えに行きます」
「ねえ、おとうさん、私のオッパイ冨美子には飲ませていません、
ミルクを飲ませて済ませました。私のオッパイ、お父さんに
飲んで貰いたいのです、もう私の乳房パンパンに張ってます、
又お父さんの口で飲んで下さい」

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:35:13|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の六

田舎のバス4-3
義父(おとうさんに)に優しく乳房を吸われながら、
私の性器への指での愛撫に悶え震えた小半時、
私小枝子は意識と力が抜けて朦朧と成って居りました。
そんな私にお父さんは
「小枝子今度は朝のセックスの体位とは別な体位で遣って見ようね」

と言うのです。
「どんな事をするんですか」
気だるい表情で聞き返す私を、子供にオシッコをさせるような
格好で抱き上げると、ドレッサーの前に私を連れて行きました。

「ええ鏡に映しながら遣るんですか・・・」
「恥ずかしいですよぅ・・・」

「そうだよ小枝子はお前自身のオマンコしげしげと見たこと有るかい」

「えぇ無い事は・・・無いですが」

「どんな時に」

「アンダーヘアーの手入れをする時にお風呂場で時々見ます。

「其れは平常時だよね、
男のペニスを小夜子のオマンコが咥えて居る時とか、
オマンコがパッカリ口を開けて愛液を滴らせている姿なんか、
見た事無いだろう」

「そんな恥ずかしい事自分では見られませんよ」

「其れでは是から見せてあげるよ」

「えぇぇ嫌らしい・・・ですね、でも見てみたい気持も有るかな・・」

「それじゃ食卓の椅子を持って来るからね」
と言ってお父さんは、ダイニングから椅子を持って来ました。

「さあ此処に腰掛けてご覧、
「そして足をドレッサーのテーブルに載せるんだよ」
「ほら見てご覧、小枝子が足を開けばオマンコが丸写しだよ」

「いやー恥ずかしい・・・こんな事初めてです・・・」

お父さんは物干し台に干して有った手ぬぐいを数本持ってきて、
私の両手を後ろに廻して縛ってしまったのです。
そしてドレッサの上に置いた足を思い切り開いた角度にして、
其れ其れの足首を縛りつけたのです。

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:30:06|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の七

5bdb977a-s.jpg
「処で小枝子はローターとかバイブ等の「大人の玩具」は持っていないのかい」

「話には聞きますが、そんな物使った事有りません」

「それからコンドームは有るだろう膣の中を傷付けたり
雑菌に感染されない様にコンドームを装着するからね」

「コンドームはドレッサーの引き出しの中に入ってます」

「あぁ是だね、其れでは代用品を見繕って見るか」
と言うと、おとうさんは、再びキッチンに向かいました。
そして買い置いた、ソーセージと胡瓜を手に持って来たのです。

「えぇそんな物を使うんですか」

「そうだよ、先ずはコンドームを着けて準備しておこうね」

おとうさんは、胡瓜3本とソーセージ2本にコンドームを
かぶせました。

「よし、準備は出来たよ、
先ずは小夜子の身体をもう少し解して遣らなければね」

おとうさんは私の背後に回り両手で乳房を鷲掴みにしました。

「まだオッパイは残って居るようだね、此処で搾り出してやるよ」

少し軟らかく成って弛みの有る乳房はお父さんの大きな手で揉まれると
乳輪が浮き上がり乳首が飛び出してくるのです、そしてオッパイが
勢い良くピューピューと飛び出してきます、強く長く絞るように揉まれると
オッパイはドレッサーの鏡まで届きました。
「まるで水鉄砲の様だね」と
おとうさんは面白がって私の乳房を揉み続けます。
私も段々気持ち良く成って来て、強く揉まれるたびに
「あぁぁぁ・・・」と
呻き声を上げて仕舞いました。
おとうさんは私のオマンコに手を触れでビラビラを押し開いて、
私に良く見ろと、言葉責めで迫ります。

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:25:34|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の八

涼子5-3
おとうさんは私の中に入った二本の胡瓜を、抜き差しし始めたのです。
胡瓜の表面のイボイボが肉ヒダと擦れて凄く気持いいです。
ペニスでは感じられない刺激に私は仰け反って喘いで仕舞いました。

「あぁぁぁ・・・・すごい・・・・感じます・・・・・もっと早く動かして・・・」

おとうさんは動きを早めてくれました。

「いいい・・・・すごくいいです・・・・もっと奥に入れてください・・・」
「子宮の中まで入れて・・・・」

おとうさんは二本の胡瓜を交互に引いたり押したりしてくれてます。
是が癖に成ったら夫のペニスでは感じなく成るのではと心配です。

「おとうさん、私のオマンコ、こんな刺激に慣らされたら困ります、もう
普通のセックスが出来なく成っちゃいそうです」

「そんな事心配しなくても大丈夫だよ、女の身体は適応力が有るからね」
「親指程度の太さが有れば感じると言うよ」
「その場の雰囲気作りと前戯を確り遣ってもらう事、要するに愛情だよ」

「でも私はおとうさんとのセックスを是からもしたいです、逝けませんかぁ」
「夫の事は愛してますけど、こんなに感じさせてくれる、
激しいセックスは期待できません」
「悪い女だとは思うけど時々は私と逢ってセックスして欲しいです」

「家庭を壊さない、他の男とは浮気しない、
と約束出来るなら月に一度位なら時間作ってあげるよ」

「本当ですか絶対にばれない様にしますから、
月一の約束は守って呉れますね」

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:20:08|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加筆再構成・嫁と舅、其の九

00-02.jpg
義父(おとうさん)は私のアナルにペニスを挿入した後も、
「痛くないか」「辞めても良いんだよ」と何度も気遣う言葉をかけてきます。

女は其れが例え痛みを伴う苦痛で逢っても、
走り出したら止まらないんです。
多少の事は有無を言わせず、
強引に引っ張って行かれる方が好きなんです。
おとうさん貫いて、
私のアナルから脳天までもそのペニスで貫いて欲しいのです。

「あぁぁぁ・・・・いい・・・すごい・・・
おとうさん気持ち良いです・・・・」

おとうさんは私のお尻を両手で確り押さえて、
アナルへのピストンの速度を速めて来ました。
私もそれに答えるようにお尻を振ります、其の激しい動きで、
オマンコの中に入っていた胡瓜が抜け落ちて仕舞いました。
胡瓜の抜けた膣からは愛液がドッと溢れて来てカーペットに
水溜りが出来るほどでした。

お父さんはアナルへのピストンを止めて、
片手をお尻から離し割れ目に移してきたのです。
垂れている愛液を手のひらで受け止め其れをアナル塗りたくり
潤滑油を注入し終わると、再びピストンを再開してきました。

「ああ・・・うぅぅ・・・もうだめだわ・・・・
おとうさん行きそうです・・・」

「私も爆発寸前だよ」

「判りますよおとうさんのペニスがピクピクしてます」

「あぁぁ一緒にイってください・・・」

私のアナルの中でおとうさんのペニスが爆発しました。
コンドームをして居るので私の中には出ませんが、
ドクンドクンと脈打って果てたのが判ります。
お父さんは私のアナルからペニスを抜き取ると、
お尻の汚れをティシュで綺麗に拭きとってくれました。
そして私を布団の上に仰向けに寝かせると。

...続きを読む
  1. 2014/10/06(月) 10:15:33|
  2. 嫁と舅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0