FC2ブログ
PV UU 現在の閲覧者数:

別冊・詩と小説で描く「愛の世界」

人生には二つの夢を持つ。其の一

~還暦を迎えた女の独り言~
夢1-1
私は、今年還暦を迎えた離婚暦のある独身女です。
二人の息子は、32才と30才に成り夫々結婚し別居しています。
私は一人でマンション暮らしです。家族のある67才の孝雄と愛し合っています。

近頃では七歳上の彼のセックスが衰えてきたのにも不満も感じない
幸せな日々を送って居りますが、離婚の後の五、六年は思い出すのも恥ずかしい
性に狂った毎日でした。

彼には其の頃の日常を打ち明けて居りますが、還暦を迎える今日この頃、
彼と結ばれてやっと得た普通の生活を大切にして生きる為に、
聞いて(読んで)頂いてそれらの昔を綺麗に捨て去りたいと筆を取りました。

58才頃の私は、十歳は若く見られるのが自慢でしたが、二年前から急に太り出して
今では11号のスーッを選ぶのに苦労しています。16年前離婚した当時は7号、
それがいつの間にか9号サイズ、孝雄と深くなって暫くの間に11号への変化は私の
男性遍歴が影響しているのかと苦笑する事があります。

孝雄が買って呉れるスーツに精一杯化粧し二人で出掛ける時は
殿方の視線を意識して、外見は何とか見られる様にしている積りですが、
ホテルの浴室の鏡映る裸体は、垂れた大きな乳房を突き上げる様な二段腹、太い足、
昔黒々と密生していた陰毛はすっかり疎らになって白髪混じりの情けないポーズです。

この十年男断ちして来たそんな私を、再び色欲に狂わせたのが孝雄なのです。
奥様のいらっしゃる彼に、何時かは去られる日が来る事は
覚悟の上での愛人生活なのです。

私は、今住んで居る町(市)に有る公設市場の商店主達が今様のスーパー形式に
切り替えた食品主体のこの共同組合に転職して間もなく十年になります。
女性ですが経理の経験を買われて主任として五人の専従職員と
三十人のパートを管理し、経理の纏めをして居ります。

孝雄は小商社を定年後、組合長の縁で経理担当として二年前に入社、
業務のコンピューター化を始め、商品企画、宣伝等に目覚しい実績を上げ、
去年の春支配人として全般を任されたのです。

彼が着任した年の秋、恒例に成っている慰安旅行の宴会の後、
旅館のみやげ物売り場でブローチを見ていた私に近寄ってきた孝雄が、
「どれがいいの」と聞くので何気なく「これ」と指差した品を店員に取り出させると
私の手に渡しました。

ハナエ・モリ作の金銀細工の蝶のブローチは、羽の繊細な出来が素晴らしく、
私が思わず「いいわ」と呟いている間に、彼は部屋のキーを出して、
「これ貰うよ」と店員に告げていました。この旅館での買い物は部屋のキーで
処理されてチェクアウトの時に精算するシステムに成っていたのでした。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 15:16:29|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其のニ

~還暦を迎えた女の独り言~
夢2-1
ネクタイを緩めた孝雄は、冷蔵庫から取り出したビールを注ぎながら、
「ヘー、詳しいんだね・・・」と少しぞんざいな口調で言います。
しまった・・・と思いましたが、
「だって、此処に照明と書いてあるもの。明るすぎて恥ずかしいわ」
と言い訳していました。「おいでよ」彼はソファでビールを勧めますが、
お湯の仕度をと浴室に逃げました。詳しいと言う一言で、
私の胸は動悸を打っていたのと、赤くなった顔を見られたくなかったのです。

横に座った私に孝雄は口付けをしてきます。優しく激しく、時には舌を痛いほど
吸われている内に、アソコが潤んで来るのが判ります。
腿をモジモジさせている私を放し、彼は着替えようと言います。
「先にお風呂に入って」彼がタオルを取って浴室に行った間に私は服を脱ぎました。
「おいでよ」
孝雄の声に覚悟を決めて、私はタオルで前を隠しながら入って行きました。

バスタブの中で脚を伸ばしていた孝雄は、掛け湯のあと、前を隠して入ろうとする
私の手からタオルを奪い、膝の上に引き寄せました。

彼は恥ずかしさで固く成っている私を横抱きにすると、乳房を持ち上げ、
「見事だ」と揺すります。「いやーん」と体を戻そうとするのですが、
男の力にはかないません。其の上、お尻に当たる彼のものに気を奪われて
お湯の中に倒れそうになり、私は慌てました。

「立ってごらん」孝雄は強引に私を立たせ、下から見上げます。
大きいけれど張りを失って垂れた乳房と、二段に突き出たお腹を見られる
恥ずかしさに堪えきれず、私は孝雄の上に腰を下ろし胸に顔を埋めてしまいました。

すると彼は、ひょいと腰を揺すり、屹立した陰茎を私のそこに宛がい、力を入れて
引き寄せましたから、きしみながらも彼のモノは私の中にズブズブと入りました。
「ああ・・・っ」と声を上げた口を吸われます。向かい合い抱き締められていますから、
恥骨が圧迫される快感に私は孝雄の首筋にしがみつきました。

離婚のショックから暫く呆然としていた後、何とか職に付くことが出来て、
漸く生活の目処がついた頃から、今までの反動か、
夫を含めた男への仕返ししばかりに男漁りをしていた四十代でも、
浴室はともかく、お湯の中で嵌められるのは初めてでした。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 15:09:30|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の三

~還暦を迎えた女の独り言~
夢3-1
私が会社に出る時間はそれまでより十分早くなりました。
事務所の鍵を開けて着替えた頃孝雄が出社してきますと、
彼の部屋に追って行き口付けし、息が止まる程抱き締めて貰います。

紅を塗り直して、女性社員が出勤して来る頃、私はさりげないお喋りをしながら
彼の机を拭いています。週一回の休日の前夜までの間に一日は帰りに食事を
一緒にし、翌日がお休みの夜は、ホテルで狂ったようなひと時を過ごす事が
習慣の様に成っていました。

しかし独り身の私と違って孝雄には奥様が居ます。帰りの食事はともかく、
ホテルでの逢瀬は何時しか月一回に成っていました。

其の頃ではお互いに体の隅々まで曝けあいセックスの手順も
心得合っていました分、私は我慢出来ず、孝雄が其の時間、
外出した事にして昼の時間、彼の部屋に施錠させ、
その中で声を殺して彼の愛を求めるようになりました。

下だけを脱いだ私をソファに横たえ、片足を背に上げさせ、もう一方の足は
床に下ろした酷い姿に被さるように彼は陰唇を舐めます。陰核を弄られ、
吸われると忽ち昇りつめるような快感に震えますが、
こんな状態でのセックスですから私は早く嵌めて欲しいのに、
彼はズボンの間から出したものを握らせたまま、膣の中に指を入れて掻き回し、
私のぬめりを付けた指を肛門に入れ抜き差しします。

親指の頭で陰核を擦られ、長い中指で肛門を探られますと口に噛んだ指の間から、
「ひぃーっ」と声を洩らしてしまう私を引き起こして横に座り、
半立ちのものを手で擦らせます。
「濡らして」孝雄は口に含もうとするのを押し止めて、
何度も手に唾をとり、扱かれるのが良いと言い、
私の逸る気持ちも知らぬ気で顔を見つめ、うっとりしているのです。
私は焦れるのですが、
「芙美子!ふみーこーっ・・・」声を殺して私の肩に抱きついて、
輪にした指の上に吐精されると、膣の奥がジーンとしてしまうのは、
やはり彼を愛して居るからなのでしょうか。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 14:59:55|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の四

~還暦を迎えた女の独り言~
夢4-1
品数の多い夕食の後、ラウンジでのデュエット、
甘いカクテルに私は幸せ一杯、永遠に夜が続いて欲しいと
心の奥で願っていたのですがその後、お布団の中で辛い涙を流し、
夜の明けるのを待つ事に成るとはおもいませんでした。

ウイスキーをウーロン茶で割り何時までも飲んでいる孝雄に、
「おやすみしましょうよ」と声をかける私。
初めての一夜(浴衣の下には何も着けないでいるのに・・・)
誘うようにそっと出した片足。彼はコップを置くと、お布団を剥ぎ、
いきなり帯を解きます。

酔いが回っているのか、ふらふらしながら私の肩から浴衣をとり、
足の間に座り込むと、せわしく股を拡げます。
舐めやすいように膝を曲げ私は自分で抱えてあげます。

陰核に鼻を押し付け彼は舌を入れ舐めてくれます。
待ち焦がれ充分濡れている私が、
「孝雄、入れて・・・」と催促した時、急にそこに冷たい物が触れました。

「何してるの・・・」思わず体をおこそうとした私に彼は、
「大人の玩具だよ」と黒い大きな物を見せたのです。
「やめてーっ」私は思わず孝雄を押し退け、布団から逃げようとしましたが、
彼は強い力で私を抱き、それを入れようとします。
「お願い、変なことは止めて、そんな物要らない」
腰を振り足をバタバタさせ入れさせまいと必死でした。

離婚した後、最初の男に成った勤め先の社長は、
当時の私より十歳上の五十三歳でしたが、糖尿病が進んで、
私を満足させられなく成った頃から、様々な“大人の玩具”を使い、
私が気を失うまで責め続けたのです。

体の中に入れられた物は電池で動く機械ですから
スイッチを切らない限りくねくねと動きます。
初めは怖かったのですが、固くならない社長のモノに焦れていた私は、
やがて慣らされると陰核を嵌められながらそれに貫かれ、
捏ね繰り回される嗜虐的な快感に酔うようになっていました。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 14:30:16|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の五

~還暦を迎えた女の独り言~
夢5-1
一瞬よぎる忌まわしい記憶に涙が溢れます。必死に抗う私に孝雄は、
「バイブなんて使った事あるんだろう。そんなに恐がらなくてもいいじゃないか」
と肩を抱き「若い男ばかりじゃ無かったんだろう」などとくどくど言うものですから、
「なんで私が若い人と遊んだなどと言うの」と問いますと、
「芙美子に初めて入ったとき、(入れたら直ぐいくか)と聞いただろう」と言い、
「それが」と訊ねる私に、「若いときは興奮して、入れた途端ザーメンが出る事が有るのだ」
と言います。

二度目の会社で久し振りの若いペニスに貫かれて、また狂い初めていた私は、
セックスに飢えた若い男の人達が、そこに入れた途端に吐精しても直ぐに固くなって、
その後は私が満足するまで腰を使って呉れる事が多かったものですから、
直ぐ気を遣られてもかまわない、夢中になって腰を振って呉れるのが嬉しく、
逆にその後の方が長く愛して呉れるなどと、馬鹿げた事を考えたことも確かに有って、
初めての子に訊ねる癖が付いていたのでした。

「知らない・・・私はそんなに遊んだ人じゃない」と拗ねてやりました。
「芙美子の様な素晴らしい女性が、四十で離婚して、独りで居る筈がない。
 芙美子を好きに成る程、芙美子の全部を知っておきたいんだ」
孝雄は口付け、乳房を揉んで責めます。

「言ってくれ、旦那と別れた後の芙美子の性生活の事を・・・」
「何で・・・」
「起こらないで聞いて欲しいんだが」彼は私の様な年で、あれほど濡れ、
何度も気を遣るのは、よほどセックスに溺れ、男の経験が深いからに違いないと言うのです。

十年、男を絶っていても、熟れ盛りの何年かを色欲に狂った日々は、
私の体をどっぷり好色に染め上げていたのかも知れません。

孝雄に初めて口付けされた夜の切なさ、その後、抱かれるつど激しく乱れる自分の体の
欲の深さを「愛」ゆえと思い、のめり込んでいた私でしたが、彼の言う通り、
それは私の中に刻まれた「性」の甘美が噴き出して来ていたのでしょう。

異性を好きに成るのは、姿形や、優しさだけではなく、
それらを通じて「性」を感じるからなのでしょうか。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 14:23:03|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の六

~還暦を迎えた女の独り言~
夢6-1
数日後、吉田君が明日、地方の問屋へ出張すると言う話を聞いて、
会社を退社しようとした時、谷口君から渡されたメモ見て私は困りました。メモには、
(明日は休暇を取って先日のホテルへ朝十時に来て下さい。もし来なければこの間の
 夜の事がバレても知りませんよ)と言う脅迫状見たいな文面でした。

あの日の事は酔った自分のミスと、はっきりさせておこうと、従う事にして、添えられた地図を
頼りにホテルの側に差し掛かると、そこに居たのは谷口君では無く吉田君が現れたのです。

吉田君は私の腕を取り、体を固くした私に、「今日の相手は俺だよ」と言うのです。
呆気に取られていると、
「谷口が一番若いから先に遣らせて遣ったんだ、俺は電話の役を引き受けてね・・・」
その言葉にやっと私は(吉田がちゃんと電話した)という谷口君のあの夜の言葉の意味に
気が付いたのでした。
二人とも示し合わせていたのです。いえ、ひょっとすると後の一人大友君も・・・?

動転している私を吉田君はさっさと部屋に引き入れます。
「今日は出張じゃなかったの?」「この為に午前中は空けてあります」と彼はニヤケタ調子で
私に口付けしようとします。
「困ります。私は谷口君にあの晩の事は酔った弾みの事だから、お互いに忘れようと、
 話す心積もりで来たのよ」
「それは無いでしょう。谷口の話では小母さんも確り喜んで、三回も射精させて、
 其のうち二回は中だしさせ、腰がふらつくほどイキ捲くった、と言うじゃないですか」

「そんな・・・」絶句した私は、彼の言葉に腹立ち、やがて小母さんと言われた自分の
惨めさに力が抜け、押し付けてくる吉田君の唇を受けてしまっていました。

若作りをしていても四十を過ぎて居る事を彼等は知っています。
二十代の男の子からすれば小母さんであることは間違いありません。
まして二人の子持ちのバッイチ女、面倒見のよい、後腐れの無い性の捌け口と、
とられていたのでしょうか。

「谷口が言ってたよ。ヨガって泣く時の声が堪らなく良いんだってね、
 そして愛液も凄く多いんだってね」
私は傷付けられ、吉田君が裸に成るのを虚ろに見ていました。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 14:13:58|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の七

~還暦を迎えた女の独り言~
夢7-1
石鹸の泡を立てて何度も体を擦り、口を濯ぎました。早く出ようと浴室のドアに
手を掛けた時それは勢いよく開かれ、にやにやした谷口君が裸で私を押し戻しました。

「いやーっ」思わず叫んだ私を抱き締めて、
「綺麗に洗ったかい?」と彼はいきなり陰唇に手をあててきました。
「何するの!」「わかっているでしょう、小母さんをもっと喜ばせてあげるのさ」

私は好色者と言われても構いません。
でもこんな形で若い男の玩具にされるのは我慢できません。
必死になって谷口君の腕から逃れようとしましたが女の、
それも裸の状態では限りがあります。タイルの壁に押し付けられ、
乳房を揉みしだかれる悲しさに抗う気持ちも失せました。

あれほど石鹸で洗った陰門を谷口君は泡立てて指でくじります。
彼のもうそそり立った陰茎が腿に当たり、お尻に当たります。乳房を掴まれ、
揉まれるうちに、もう如何にでも成れとそんな気持ちで体を預けてしまいました。

彼は陰唇を片手で開き、シャワーを浴びせて指を入れて捏ねます。
「痛いわ、やめて」
「吉田の残って居るものを掻き出してやるのさ」

床に崩れ落ちる私に頭からシャワーを浴びせ、髪も濡れた侭ベッドに押し倒し、
両足の間に座り込み、
「オマンコ綺麗になったかな」と辱めながら舌を入れ舐め始めます。
両腕を投出して私はされる侭でした。

長い指が膣をくじり、やがて二本にして掻き回します。
「谷口君、抱いて・・・」私は彼を誘いました。
さすがに、時間をおかず二人の男にセックスされた経験は有りませんでしたし、
此の儘では自分が惨めすぎます。(いっそ、狂わせてやる・・・)私は決心しました。

覚悟が出来ると急に潤みが溢れます。
「濡れてきたよ」彼は嬉しそうに被さり陰茎を宛がいました。
足を背中に巻きつけ、「いいわぁーっ、大きいわあーっ」
と鼻声で興奮させながら下から腰を回し突き上げてやります。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 13:57:27|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の八

~還暦を迎えた女の独り言~
夢8-1
やがて私を俯かせに押し倒し、一気に肛門に陰茎を突き立てましたから
悲鳴を上げてしまい体が硬直しました。お構いなしに何度か抜き差しした吉田君が、
私に入れたまま仰向けになり、「さあ」と声を掛けますと谷口君が陰茎を陰唇に宛がい、
ずぶずぶと沈めてきましたからもう声も出ません。

お尻が裂けるような熱さと、膣を擦る固いものでお腹が膨れ上がる感じで、
空になった頭の中でガンガンと鐘が鳴ります。二人は巧く交互に抜き差しします。
吉田君が後から二つの乳房をわし掴みにして突き上げると、谷口君が腰を浮かせて引き、
谷口君のモノが子宮を突くとき、吉田君が引くのです。それがリズムになって繰り返され、
私はいつか上の谷口君の首にしがみ付き乱れていきました。

「ああーっ私、何されているのーっ!狂うわーっ!変になるーぅ」
「小母さん、いいのかい?」
「いいわーっ!いいわーっ!」
「おーっ、堪らんぞ」
「谷口、お前ので擦られてるみたいだぞ、あっ、いくーっ」
吉田君が、がばっとお尻を掴んで引き寄せましたから、
私の体は背中から反ってお布団に落ちます。その弾みに谷口君のものが抜けました。
「いやーっ、抜いたらいやーっ」掴もうとするより早く彼がぐっと入れたとき吉田君が吐精し、
お尻が熱くなった途端「いくわーっ、いくぅーっ」と私は気を遣りました。

さすがに若い子です、谷口君は今出したばかりなのに又固く成って来たのです。
「上に成ってあげる」と跨り、亀頭で陰唇を少し擦り、腰をおろすとずぶずぶと入りました。
上から見下ろしながら腰を使い出すと、
「恥ずかしいよ」と手で顔を隠すのがふっと可愛くて、
「上になられたのは初めて?」と聞きます。
「うん」小さく頷いて目を閉じ手で私のお尻を抱き、引き付けますから、
「ああーん、そんなに力を入れたら奥まで当たるーぅ、感じすぎるわー」と甘えてあげます。

「触ってぇ」谷口君の手を乳房に導きますと懸命に揉んで呉れます。
上で嵌めると欲しいところに亀頭を当てる事が出来ます。
時々腰を高くしてぐっと下げる時、膣の襞々を固く熱い陰茎が擦り上げ、
子宮の口を突き立てる快感は、男の方には到底判らないでしょう。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 13:47:27|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の九

~還暦を迎えた女の独り言~
夢9-1
頬を突っつかれ気が付き、トイレに行かせてと言う私を二人は浴室に連れて行き、
立ったままやれと責めます。「堪忍して・・・」そんな恥ずかしい事はとても出来ません。
泣いてトイレと頼む私を吉田君が乳房を掴んで捏ね、谷口君はお腹をピチャ、ピチャと
叩くので尿意に耐えられず、せめてしゃがませてとお願いしましたが聞いてくれず、
結局吉田君が私を小さな子供にオシッコをさせる時の様な格好で抱き抱え、
谷口君が覗いている目の前でM字に開脚され放尿する羽目になったのです。

腿を濡らし屈辱の余りタイルにしゃがみこんだ私の上で、
「谷口やれ」と吉田君の声がして、生暖かいものが体に注がれます。
(えぇっ?)見上げる顔にも跳ねる水滴は谷口君のお小水でした。
「小母さんこの間のお返しだ」雁首を掴んで掛けています。

逃げる私を捕まえた吉田君は私を浴槽の側に連れて行き、
縁に腰掛けると肩を踏まえ、「飲んでくれ」と陰茎を突き出しました。
谷口君が膝で背中を押し顎を掴んでそれを口に入れさせようとします。
頭を吉田君に抱えられ咥えさせられました。「噛んだら承知しないぞ」
彼のオシッコが口に溢れます。ゲボゲボ噎せながら無理に飲まされた私は
浴槽の縁に縋り泣きじゃくっていました。

二人に性の奴隷のように扱われる毎日が続きました。昼は彼等は営業に廻っていますので
安心でしたが、夜はどちらかが私を呼びます。二人がかりで責められる夜は、
お風呂を使っても体からザーメンと尿の匂いが消えない様な気がしました。

「忙しくて残業が多いの」子供達には苦しい言い訳をしながら、連夜の性宴で疲れた体に
鞭打って早起きし、夜の食事までの用意をして会社に出るという無理を重ねていました。
それが祟ったのか、ある日、私は寝込んで会社を休んでしまいました。
臥せっていた昼下がり、ドアのベルが鳴りました。覗き窓から見ると、大友君が立っていました。

寝間着のままですから、インターホーンで何の用かと尋ねる私に、
「社長がお見舞いを持っていけと言いましたので」
「有難う、今出れないのそこに置いてください」
「いいえ、それとこの書類、見てもらって、返事を貰えと言われています」
「大友君一人?」「はい」「一寸待って」
ガウンを羽織ドアを開けました。彼は果物籠と大型の封筒を玄関に置いたまま、
奥に行こうとします。
「待って、そっちは駄目、お茶をいれるからこちらへ・・・」
追いすがる私の手を取り、「風邪でしょう、暖めて上げますよ」
凄い力で奥の部屋に連れ込み、お布団に押し倒すのです。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 13:30:28|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人生には二つの夢を持つ。其の十

~還暦を迎えた女の独り言~
夢10-1
「これからだよ」大友君の声を遠く聞いた途端、彼の陰茎がそれこそ、ずぶーっと言う感じで
差し込まれましたから堪らず抱き付き、
「いいーっ、いいのよーっ、ああーん、もっと突いてぇ・・・」
口走る自分の声が一層興奮を掻き立て、「そーれ、そーれ」と彼が腰を弾ませ
抜き差しする強い刺激に子宮が下がります。それを亀頭で突かれる心地よさに体が痺れ、
「やってーぇ、無茶苦茶に突いてよーっ、ああーっ、くるーっ、くるーっ」
と私の腰が円を描き彼の陰茎を強く締め付けます。

「ううーっ、いくよーっ」「いきー、いってーっ、私もいくぅーっ」
「今だよ」「今よーっ、ああっ!いったぁーっ」同時に気を遣る心地よさは素晴らしいもの、
連れ込まれた状況も何処かへ飛んで、満ち足りた気だるさに浸っていました。

子供達に電話しなければと、ティッシュを陰門に挟み起き上がります。
「何処へ?」「子供に電話しとかなきゃ」「まだ八時前だよ」「駄目よ」
ダイヤルを回す私の後ろに立った大友君が、半立ちのモノを押し当て、
乳房を捏ねるその手を叩きながら(残業で後一時間位かかるから)と子供に詫びました。

トイレを済ませて戻りましたが、服が見当たりません。
裸のままビールを飲んでいる大友君に目を向けると横を向きます。
「服を何処へやったのよ?」「知らないよ」
「何言ってるのよ、さっき此処で脱がせたじゃないの」
「知らない」「お願い、出して」すると彼は、
「はい」と萎えた陰茎を摘んで私の方へ向けます。
「もう」掴み掛かろうとしたとき、「服着てる暇なんかないよ、小母さん」
谷口君と吉田君が入って来ました。「えーっ」驚く私に吉田君が、
「写真見ますか?」と一枚を差し出します。

それには、大友君を抱き締め、大きく口を開けた私の横顔が写っていました。
夢中になっている姿を二人のうち、どちらかがポラロイドで撮ったのです。
煌々と点された灯りの意味にやっと気付いた愚かな私でした。

「写真なんて無かったから今日撮らして貰ったのさ、
 写真渡すと言ったから嘘になるといけないでしょう」
吉田君は手にした二枚をひらひらとさせながら、
「今からもっと素晴らしいものを撮ってあげるよ」と嫌らしい笑いを浮かべます。
ソファに崩れる私の目の前で、「さて、俺から遣らして貰うか」と吉田君が脱ぎます・・・。

...続きを読む
  1. 2014/09/02(火) 13:21:32|
  2. 離婚歴のある女
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0